急増するキャリアの転職。「転職して年収アップ&安心」は間違い!?

小西遼太郎です。
今回は、急増するキャリアの転職。「転職して年収アップ&安心」は間違い!?というテーマについてお話します。

今回の記事を読むことであなたは、キャリアアップするための転職が間違いなのか、そうでないのかを知ることができます。はたまた今回の記事を読まないことで、その指針をなくします。これから時代は大きく変化していきますけど、谷に落ちていく時代に突入します。ぼんやりと谷に突入して気づいたら谷底にいたっていうような状況なりかねないという危険がありますので、今回の記事をよく読んでおいてほしいなと思います。

「転職して年収アップ&安心」は間違い!?

この急増するキャリアの転職っていうのを僕もなんかのニュースで見たことあるんですけど。ようは高収入でエリートと呼ばれるような人たちが、どんどん転職をして、より年収を求めて転職してるっていうことらしい。その記事ではそれは間違いと言っているわけですが、僕は間違いだと思っていない。

というのも、僕がオーナーを務めている会社はいくつかあるわけですけど、その会社は軒並み成長しており、当然僕はかなり保守的というか守りを固めないと攻めに回れない性格なので、基本的にはこれから時代は大きく変化して谷に向かっていく流れが2020年を境に始まるといわれていますけど、実際にそうなると思います。

そういった時の対策も当然のことながら経営者としてとっています。つまり、転職でかつ、今現時点でも成長を続けているわけですよね。なので、もう成長の止まってしまった企業からベンチャーかもしれないけど、めちゃくちゃ儲かっている企業に転職する。そして収入をアップしていくっていうことは、経営者をしっかり見てその人がどんなところにも守りを固めているのかを判断していけば間違いではないと僕は考えています。

社長の力量を見極め、儲かる業界へ転職せよ!

経営者がベンチャーとかだと特にそうですけど守りを固めずに、今行けるからと攻めにしか力を入れてないところは何か天変地異のような新しい社会の到来があったときに、グルんと今までやっていたことが覆されることがある。そこで谷に落ちたら落ちっぱなしで、谷底に体をぶつけて死んでいく。というようなことがよく起こりますが、賢い経営者は伸びていく過程で、その伸びていってるお金を利用して何が起きても大丈夫なようなベースを整えていきますよね。だから、この判断がしっかりできている経営者で、かつ、今より儲かっている。

ベンチャーはやっぱ成長を作っていくと思うので、ベンチャーに転職するということはキャリアアップになると思いますが。もしくはベンチャーじゃなかったとしても伸びている会社に転職する。

それでキャリアアップというのは僕は間違いだと思う。ただし、経営者の力量、未来的な力量がどこまであるのかというところをちゃんと見ていくべきなのかなと思います。なので、目先の年商や利益も大事なんだけど、今伸びているところは、伸び方、コツをつかめば伸ばせます。しかしその先に何が起こってもいいように、例えば、リスクを分散しているとか、事業形態を分けておいているとか、すべてはリスクエッヂの領域ですけど。そういったところまで気を向けて行動に移せているかどうかはチェックしておくべきだと思います。

それではまた次回。