• 【Vol.1】渋谷道玄坂、超ローラ似ハーフ美女をナンパから10分でラブホ即お持ち帰り


今回は、渋谷の道玄坂でナンパしてきた動画だ。

道玄坂といえば居酒屋が多くある区域、そして、ホテル街とクラブ街がある街。

キャンちゃんは一度、道玄坂のホテル街で弾丸即(道で話しかけてそのままホテルに向かうこと)をしたこともあるんだが(その時は、クラブにむかってる子)
今回の動画で、もう一回、弾丸即をキメてるから見てくれ!

今回みたいな弾丸即は、珍しい。
本当にソッコーだったから。

ただ、それだけソッコーってことは、動画を見ればわかるが判断材料はファッションだけだ!
今回も、いつも通り撮影前に行うカメラマンとの打ち合わせは、一杯やりながら、進めてたんだが、
今回撮ってくれたカメラマンは何人かいるうちの中で、当時一番撮影してくれてるカメラマンだったから、
ついつい話が盛り上がっちゃって撮影をスタートするのが遅れたw

ついでに!

カメラマンそれぞれによって、撮り方も違うから、飽きないし、
それぞれ特徴もあるからそういう視点で見てもオレの動画は楽しめるかもな!

話を戻して、道玄坂のクラブ街付近はやっぱ、クラブに行く子や、クラブ帰りの子が多くてナンパしやすい。
それも、クラブ街とホテル街が隣接していて、最高な所。
だが、カメラマンと話が盛り上がりすぎちゃって深夜2時ぐらいになっちゃってたからまずいなって思ってたんだ。

2時というと、クラブ好きの子はクラブ内に入っちゃってるし、付き合いで来てる子は帰っちゃってる時間だ。
クラブ向かっている子の方がナンパしやすいんだが、平日で2時から向かっている子ってそうそういないし、そもそも外に人が少ない。

もちろんクラブ内は人がいるだろうし、キャンちゃんもクラナンは好きなんだけど、撮影は画は撮れたとしても音が全然拾えないから厳しい。
それに、カメラマン頼んじゃったし、状況を受け止めて外でナンパするしかない。

そんな、決して良いとは言える状況じゃなかったんだけど、キャンちゃんはオシャレだからイケちゃった。

それはまず、たまたま一人で歩いてる子を見つけたんだ。
こんなチャンスは絶対に逃しちゃいけないから話掛けたんだけど、とっさだったし、それまでカメラマンとラーメンの話をしてたから声かけは、
「この辺においしいラーメン屋さん知らない?」になっちゃったw

こんな声かけはしたことなかったんだが自然とそのフレーズが出てしまった。
ナンパしたのと同時に、オレの心の中にはシメのラーメンが食べたいという気持ちがあったんだろう。
隠せなかった。酔っ払ってたし。ただナチュラルに話しかけるってのは、大切だ。

キャンちゃんは、ギリギリまで声かけの言葉は考えない。
あまりにも用意した言葉だと心に響かないからな!
ファッションもそのシーンにあったものを選ぶのがオシャレの鉄則。
つまり言葉もその場にあったものをチョイスするのが、オシャレってもんだ。

まぁ今回はラーメンだけどw
あ!けどラーメン好きな女の子って増えたよね!

前々回のファッションを褒めるって話もその場でしか、できないことだろ?
そういうスマートでタイトな男がオシャレでイケてるんだ。
まぁ今回は、酔ってついついそんな心の声が漏れちゃったんだけど、
それでも、キャンちゃんがオシャレだからイケちゃうんだよね。

それで声かけ後、彼女の反応は、ラーメンは太るからダメって断られたから、
お酒を誘ったら、酒もいいって断られた。

ただ話した感じは、そんな嫌そうじゃなかったから今日はダメで、後日なら大丈夫パターンか?
と思って、連絡先を聞くことにまずはシフトしようと思ったんだ。

んで聞いたら、また断られた。

あれ?って思いながらもそれで手を引こうか迷ったけど、人も少ないし、まだ引けない。
そしたら、足が止まったからとりあえず素直に聞いてみたんだ。
どうせ断られるなら、全部聞いてみて、ちゃんと全部断られないとな!

ってことで「休憩しに行こう」って誘ったら「わかった」っていうじゃないか・・・

本当にいるんだよ。ビッチって。

まぁ何回も言うけどキャンちゃんがオシャレだからOKしたんだ。
そして、これもよくよく考えるとストナンの基本パターン
足を止める。からの動かす。だよな!

でなんかカタコトな喋りだったから話を聞いたらハーフだったって感じだ。
そんな話をしながら、もちろんホテルに着くまでは気は抜けないから、適当な話をしながら向かったぞ。

利用規約