KEITAYOSHIDA.com

個人の時代で価値組を目指す

のんびり行こうぜ

世界で戦う個人メディアを目指して

世界で戦う個人メディアを目指して
スポンサードリンク

いつしか世界で戦うことを忘れた日本人

「世界で戦う」とか「厨二病乙ーっ」て声が、ツイッター界隈で呟かれそうだし、親しい人に言えば「地に足をつけてちゃんと働けよー!」と説教されるくらい馬鹿げたことのように聞こえるフレーズ。

それが「世界で戦う」ということだ。

サッカーでいえば、本田圭介のような「類まれな才能」ある人しか世界では戦えないと思ってる方が大多数だと思います。だから普通の人が「世界で戦う!」なんて言った日には、すんごく馬鹿にされちゃうだと思います。

でも俺は思います。誰にでも世界で戦える才能があると。

自らを燃焼させられる個人になろう

平成に生まれの方々はあんまり意識したことないと思うけど、戦後の日本の勢いっていうのは、ほんと凄くて「俺たちはまだまだやれるんだぁ」という不屈の精神で、後進国から一気に先進国に駆け上がりました。

日本人はどこの国よりも繊細で器用な手先を持った”モノ創り民族”です。そして海で囲まれた小さい島国だからこそ、大国の影響を受けずに、独自の文化を育んできました。日本人は生まれながらにして、世界で誇れる能力が備わっている類稀な人種だと思っています。

今いる企業で自分の価値を思う存分発揮できていて、かつ満足した給料や待遇を得ているならば、今回の話は聞き流す程度にしてくれていいのですが、

ほとんどの方はそうではないと思います。

頑張っても頑張っても、企業や組織の物差しで過小評価されて、給料やボーナスも上がらず、ひたすら生活のために働いているだけになっているのではないでしょうか。そのうちに頑張ることも諦めて、ただ給料分の仕事をするだけの生活になっているんじゃないでしょうか。

そんな状態では、本当に価値ある良いものを提供することはできません。

企業や組織に頼らず、自らの力で世界に誇れる価値有るものを提供しようと「自燃」した時、日本人は、もう一度世界に誇れる創造的な集団になると僕は本気で思っています

高度経済成長の時のように。

インターネットが普及した今だからこそ世界で戦える

僕が幼稚園児だった頃の将来の夢は、パイロットか警察官かゴレンジャー。幼稚園児の頃から安定した職業が夢だったのは、今となっては不思議な現象だなぁと感じるのですが、

いつの間にかテレビやラジオや新聞などの昭和のマスメディアを通じた日本の右に習えの洗脳教育が、恐ろしいほど成功を納めていたんだなぁと推測しています。

しかし、そんなマスメディアを介した洗脳が、
最近は通用しなくなってきています。

原因は、若者達がテレビや雑誌といったメディアを見なくなったからだと考えています。

インターネットが主な情報源となったことで、安定した職業よりも、自分の生き甲斐や価値観に沿った、新しい生業を模索する傾向が生じてきました。

そんな新しい生き方の象徴が「YouTuber」や「ブロガー」です。

インターネットがあれば世界3位に入賞できる

地元の県大会で入賞するのも難しいのに、「世界で戦おうなんてちゃんちゃらおかしい!片腹痛いわ!」と思うのが普通ですし、一度でも戦う土俵に立った方なら、そう感じると思います。

田舎ではぶっちぎりの1位だったけど、全国大会に意気揚々と乗り込んで、結果ボコボコになって意気消沈した経験がある人ほど、「世界で戦うことが出来る」などと、僕みたいな小僧が言うと腹が立つかもしれません。

でも、戦うことなんてとっくの昔に諦めていた僕でさえも「世界3位」になれるんです。

スポンサードリンク

インターネットの世界なら。

Socios(ソシオス)とは

僕が世界3位になったのは、「Socios(ソシオス)」というアプリを紹介するコンテストです。予め言っておきますが、世界3位になったのは、決して僕のマーケティングが凄いとかではなく、フォロワーのみんなが登録キャンペーンに協力してくれたからです。

「Socios(ソシオス)」は、ブロックチェーン(Blockchain)の技術を活用して、サッカーファンと選手・チームの交流を深めることを目指している携帯アプリです。

「Socios(ソシオス)」は、イタリアのプロサッカーリーグ「Lega Calcio(レガ・カルチョ)」に加盟しているフットボールクラブ「Juventus FC(ユヴェントスFC)」とのパートナーシップを締結しています。

今後クラブ独自の暗号通貨(Cryptocurrency)である「Juventus Official Fan Token(ユヴェントス・オフィシャル・ファン・トークン)」が発行される予定となっています。

「ユヴェントス公式ファントークン」は、世界中のユヴェントスファンの人々を「Juventus FC」と直接結ぶための重要なトークンとして機能します。

サッカーファンとクラブチームの交流をさらに深めることを目的とした「Socios」アプリを利用することによって、自分の好きなクラブチームに関連する様々なプロジェクトに投票したりして、チームの運営と深い関わりを持つことができます。

Socios(ソシオス)は世界中のチームと提携

2019年7月に、中田英寿が所属していたイタリア・ローマを本拠地とする名門サッカークラブチーム「アッソチアツィオーネ・スポルティーバ・ローマ」と提携。


日本の暗号通貨メディア「BITTIMES」で取り上げられています。

2018年9月11日に、フランスのパリが本拠地のサッカークラブ「パリ・サンジェルマン(Paris Saint-Germain F.C.)」と提携を発表。

さらに、2019年4月、イングランドの首都ロンドン東部をホームタウンとする、イングランドプロサッカーリーグ(プレミアリーグ)に加盟するプロサッカークラブ「ウェストハム・ユナイテッド・フットボール・クラブ(West Ham United Football Club)」と提携。

インターネットの世界は助け合い

なんども言いますが、僕が世界3位になれたのは、フォロワーの方がアプリ紹介の拡散に協力してくれたからです。この記事だって「俺すげーだろ!」って意図で書いているわけじゃなくて、インターネットが普及した現代なら、世界中で戦うことができるってことを言いたかったんです。

誰かの助けになれた時、その対価は必ず自分に返ってきます。そのために自分にできることをインターネットで精一杯発信する。その発信に助けられた人が、今度は、発信者の助けになってくれます。見返りを求めているわけじゃないんだけど、困った時に助けてくれるのは、恩を重んじる日本人ならではだなって感じています。

そんな助け合いの連鎖によって、
世界3位という快挙を、
フォロワーのみんなが僕に
プレゼントしてくれました。

本当に本当にありがとうございます。

ちょっとまとめるのが難しくなってきたんだけど、インターネットの世界なら個人でも戦えるってことを伝えたかったので今回、リニューアル第二弾の記事にしてみました。

ここまで読んで頂きありがとうございます٩( ‘ω’ )و

ちなみに、ぶしつけなお願いで申し訳ないんですが……
第2回目の「Socios」のアプリ紹介ランキング現在5位なんですが、今回世界1位を目指しているので良かったら事前登録お願いします。前に登録したメールアドレスで大丈夫ですので、また登録してもいいよーって方はぜひぜひ。

今登録するとファントークンを購入できる暗号通貨チリーズが貰えるキャンペーンをしています。

Sociosアプリ事前登録フォーム

さらに、ツイッターで僕のプレゼントキャンペーンも行なっていますので、良かったらご応募お待ちしています。

スポンサードリンク
URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


COMMENT ON FACEBOOK

Return Top