KEITAYOSHIDA.com

個人の時代で価値組を目指す

のんびり行こう

食べられる花「エディブルフラワー」活用事例

食べられる花「エディブルフラワー」活用事例

こんにちは吉田(@keitayoshida)です。
最近、テレビなどで取り上げられることが多い『エディブルフラワー』ですが、実際にどのように使用していいかわからない方が多いと思います。

今回は、石川県の無農薬栽培農家『あんがとう農園』さんのエディブルフラワーを活用した事例を紹介していきます。

あんがとう農園について

About

あんがとう農園は石川県の無農薬栽培農家です。野菜、ハーブ、エディブルフラワーを主に栽培しています。

数年前からエディブルフラワー栽培に取り組んでおり、石川県のエディブルフラワー栽培の先駆者です。

他と同じものは作りたくないということで珍しい品種が揃っています。

取引先は、無農薬や珍しい食材を求める老舗旅館、ホテル、レストランがメインとなっています。

元々は無農薬無肥料で野菜を作っていましたが、肥料を入れた方が美味しくなる品種に限り、少量の有機肥料を施す現在のスタイルになっています。

About edible flowers

エディブルフラワーとは

最近テレビでも取り上げられることが多くなった「エディブルフラワー」とは一体なんなのでしょうか?

「edible flower」を直訳すると「食べられる花」という意味です。

食べる事を目的として育てられた花です。

エディブルフラワー
活用事例

それでは、エディブルフラワーを取り入れたメニュー事例をご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

事例1:ケーキ

ウェディングケーキの装飾にエディブルフラワーを使用しています。あまりにも綺麗で食べるのが勿体無く感じます。

お祝いごととエディブルフラワーはベストマッチだと思います。

 

古川商店さん

能登半島の先端の小さなパン屋「古川商店」さんのエディブルフラワーでアレンジされたプレーンシフォンケーキ。

あんがとう農園さんのエディブルフラワーに古川商店さんのアレンジが加って、お洒落なシフォンケーキに仕上がってます。

高倉町珈琲・北陸さん

「高倉町珈琲・北陸」では、北陸の生産者を応援する企画「北陸限定!春の産直応援キャンペーン!」であんがとう農園さんのエディブルフラワーを大胆に使用したパンケーキを展開。TV番組で取材されて北陸でエディブルフラワーが一気に認知されました。

スポンサードリンク

事例2:サラダ

ハーブとエディブルフラワーのサラダ。健康に良さそうなサラダです。

エディブルフラワーがトッピングされたサラダです。カラフルな見た目が食欲をそそります。

事例3:カクテル

金沢片町にある「サントリー ジガーバー セントルイス」のノンアルコールカクテル。健康に良さそうだね。

「全ての人々に感動を」それサントリージガーバーセントルイスの理念です。バーテンダー達はカクテルコンペ全国優勝しています。

事例4:チラシ寿司

ちらし寿司にエディブルフラワーが散りばめられています。食欲がそそりますね。

テレビ取材について

あんがとう農園さんは、北陸放送の絶好調ダブルに取材されました。

北陸放送の保坂友美子アナが花が大好きということで、エディブルフラワーに興味を持ったことから今回取材してくれました。

取材時の様子が北陸放送のブログに掲載されています。

下のボタンリンクからブログを読むことができます。

 

あんがとう農園の想い

Thoughts of Angatou Farm

エディブルフラワーはレストランやカフェで使用されることが多く、家庭で使用する方は少ないと思います。

コロナ禍で外食を自粛している人が多いということで、家庭でもエディブルフラワーを味わって欲しいという想いから、オンラインストアを立ち上げることになりました。

市場にほとんど出回ることのない珍しいエディブルフワラーです。

見た目も華やかなエディブルフラワーを家庭の食卓に取り入れてみてはいかがでしょうか。

あんがとう農園

ONLINE STORE

スポンサードリンク
URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


COMMENT ON FACEBOOK

Return Top