KEITAYOSHIDA.com

個人の時代で価値組を目指す

surf

SURF8 3mm スプリットソールブーツは北陸の海で暖かいのかを検証

SURF8 3mm スプリットソールブーツは北陸の海で暖かいのかを検証

日本で一番売れているサーフィン用の防寒ブーツということで購入してみました。ホールド感もいいということで人気のブーツです。

サーフ8のブーツや新作の冬物に関してはムラヨコチャンネルで、サーフ8の瀧本社長が解説しています。

サーフエイトの冬物を購入する際はまず下記の動画を見てから購入することをお勧めします。僕も最初にこの動画を見ておけば良かったです。

SURF8について

SURF8は、1999年日本国内で、サーフィン防寒用品専門ブランドとして誕生しました。 どのブランドのウェットスーツを着用していても、合わせられる防寒用品ブランドです。 サーフィンウェットスーツインナーは、保温効果バツグのセミドライ向けから、 給水拡散機能をもつドライスーツ向けなど、着用するウェットスーツに応じたシリーズを 各種ラインナップしています。

SURF8 3mm スプリットソールブーツについて

ソール足型改良(日本人向け)スムーズな着脱 + 裏返し(速乾)。遠赤外線素材のIFR仕様の3mm先割れスプリットソールタイプブーツです。ノンストレスの遠赤外線放射機能素材を装備し、インソールラバープリントで滑止め効果も抜群。簡単に裏返して干せる速乾性ある衛生的なIFRシステムです。

3mm スプリットソールブーツだとつま先から冷えてくる

上記の動画では、湘南から西の方は3mm二股のブーツを使用し、千葉から北側は5mmのラウンドを使用してくださいと言われています。

今、思えば北陸は千葉より北なので5mmを購入するべきだったなと思います。

実際に北陸能登半島の12月から1月で海水がまだ冷たくなっていない状況で、かつ雪が降っている日だと3mmブーツは、つま先から冷えてきます。

スポンサードリンク

作りはしっかりしているので海水がブーツの中に入ってくることはありません。ブーツの外側から冷えてくるみたいです。

3mm スプリットソールブーツは運動性能はいいのか

5mmより3mmのブーツの方が明らかに足が動き易いですが、冷えてくると筋肉が収縮して逆に体が動かなくなってきます。僕の場合は、時間が経つにつれテイクオフで足がでないことが多くなってきます。

村田嵐プロは、サーフ8のブーツはテイクオフで足が引っかかる気がするというレビューをしています。

ただYouTubeのコメントを見ると最初は引っかかるけど、慣れると引っかりがなくなるようです。

さらに足が冷えてくると、ふくらはぎ、太もも、腰、背中がつるなどして痛くなってきます。

雪国なら5mm以上のブーツがお勧め

体の冷えを防ぐためにも、結論として雪国であれば5mm以上のブーツを履くのがいいと思います。もしくはサーフ8のストーブシリーズが良さげだなと思います。

スポンサードリンク
URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

CREATOR

WebCreator
自然で遊ぶことが大好きなサーファーです。 ウェブメディア事業を行なっています。個人の時代で頑張るあなたをインターネットの力で応援します。夢は自然栽培による無農薬野菜を全世界に普及させていくこと。
Return Top