KEITAYOSHIDA.com

個人の時代で価値組を目指す

surf

サーフィンのバックサイド縦リップを成功させる動作

サーフィンのバックサイド縦リップを成功させる動作

バックサイドリップをする際に、これをやらないと縦リップができないというメソッドになります。あくまでも初級者・中級者のメソッドになります。

バックサイドのオフザリップを詳しく教えているところはそんなにありません。もしくはYouTubeでプロが教えてくれているけど実際に海ではできない方に向けた内容になります。

ボトムターンしてるけど最後にサーフボードが上がらないのはこれが原因なので、今回の記事は見ていただけたら嬉しく思います。

今回使用しているシークエンスの動画は、下記のTwitterに貼り付けている動画からスクショしています。

ケリーのバックサイドシークエンスで解説

ケリーのバックサイドシークエンスで解説していきます。

下記の画像のフォームはみんながやっていると思います。でもこの動きの延長では縦リップになりません。

カービングターンでサーフボードを傾ける

下記の画像で体を思いっきり肩を開いています。角度のあるリップをする上で大切な動作です。

これをやることで縦の方向にサーフボードが向かいます。

フォームはスノボのカービングターンに近いような気がします。

胸をリップに向ける

上記のケリーのように胸をリップに向ける動作が出来る方は、もうバックサイドリップができる方だと思います。ここまで体を捻ってターンするだけでも相当難しいです。

カービングターンやり方
  1. 前足はかかと加重で前足は伸ばす
  2. 後足はダックスタンスで内側に押し込んで加重
  3. 後ろの手を前足の膝付近に持っていく(サーフボードを傾けても姿勢が安定します)

上記の体勢を波がカールしている直前までキープします。

参考動画

ただ、ここまでやってサーフボードを切り返したとしても、リップをぶち抜く縦リップになりません。

じゃあどうすればいいの!?と困惑してしまいます。

安心してください。

この次のシークエンスで答えがあります。

ポイントはこの動作!

下記の画像の姿勢にすることでサーフボードが縦に上げる初期動作になります。

この姿勢ならやってるよ!という方は多いと思います。

しかし実際に海でサーフィンしている様子を撮影してみると、ここまで体を捻ったフォームになっていないことに気がつきます。このフォームはバックサイドでやるにはかなり難しい体勢です。

しかも波の一番パワーのあるポケットの中でやるので、この動作ができないと波をまともに食らってしまうので、実際の波で練習するのも難しいという現実があります。

難しいのでやってる人はプロサーファーかライダーぐらいしかいないと思います。

難しいからこそ練習してできるようになればかなりサーフィンのレベルが上がって楽しくなると思います。

是非チャレンジしてください。

前足を胸に引きつける

やり方は、後ろ足加重で、前足は胸につくように振り上げます。手を振り上げると前足が上がりやすくなります。さらに胸を後ろに反らすようにすると後足に体重が乗って、よりサーフボードの上がりが良くなります。

上記の動作で急激に反り立つ波の角度にサーフボードの角度を瞬時に合わせることができます。

海外の選手はボールを持って振り上げる練習をしていますね。

後ろの手は前足の膝付近にすると、その後のフロントターンの予備動作になります。

この後、フロントサイドターンになります。

最後の肝!フロントターン後足加重でボードを押し込む

ケリーの場合はスピードがついているので切り返しを早くしてもリップから板が飛び出しますが、一般サーファーならこの姿勢のまま、もしくは上記の姿勢のまま波のトップに向かい、前足付近にリップが来たら切り返すぐらいにすると、サーフボードがリップから飛び出したターンになります。

スポンサードリンク
やり方
  1. 後足加重のまま前足膝付近に後ろの手を持ってきてフロントターンのキッカケを作る
  2. 前足付近にリップが来たら、爪先加重、後足でテールをリップに押し込む

爪先加重でテールを押し込むことで波のトップでフロントサイドターンすることになります。ターンするので波のトップで加速することができます。

結果として、サーフボードがリップを突き抜けてクルッと鋭角にターンします。

フロントサイドのリップは上手くいくけど、バックサイドは全然板が上がらないという方は是非やってみてください。

注意点

バックサイドリップは普段やらない体勢になるので、怪我しやすくなります。

特に40代以上のサーファーは、筋トレ・ストレッチ・イメトレをして体を作ってからチャレンジしてほしいです。

僕も10年ぶりにサーフィンした時にこの動きで、股関節を速攻で痛めて1週間寝たきりになりました。

若い時のようにはいかないものです。とほほ……。

バックサイドを解説

さてここからはバックサイドのターンの一連の流れを解説していきます。

バックステップ

後ろ足をバックステップさせてデッキに乗せます。そうすることでサーフボードをより動かせるようになります。

荷重する際は肩越しにリップを見る

かかと側に加重します。

この時にぐんっという感じでスピードが出ます。

加重してサーフボードを沈めることで、抜重した時に凄いスピードが出てリップをぶち抜けるようになります。

前足はかかと加重、後ろ足は土踏まず側に膝を倒すとサーフボードに体重を乗せやすくなります。

スノボでいうダッグスタンスで加重する方法です。

いろいろなスタンスで試してみた結果、バックサイドはダックスタンスが一番ダイレクトに体重を乗せることができてサーフボードのレスポンスが良かったです。

見た目もガニ股に見えなくてスタイリッシュに見えます。

加重する際は肩越しにリップを見るようにすると加重しやすいです。

肩を開いて加重してしまうと背中側にひっくり返りそうになります。

カービング

加重したら板を傾けても背中側に倒れません。板を傾けて弧を描いて波のトップに向かいます。やり方は上記で解説しています。

抜重

ここからは、先に解説したオフザリップの初期動作になります。

今回のパターンだと、オフザリップの初期動作をしないと崩れてくるスープに潰されてしまいます。もしくはスープから逃げた軌道にすると、波の緩い場所でターンすることになるので、結果オフザリップできないというパターンになります。

フローター気味のアプローチ

波が崩れてスープになっているので、スープを抜けるためにこの画像ではまだフロントターンの加重を行っていません。

※スープとは白い泡のことです。

フロントターン

スープを前足が超えたところでフロントターンの加重を行っています。加重したことでグンという感じでサーフボードがさらに上がっています。

今回はこれで、バックサイドオフザリップの解説を終わります。

サーフボードが波のリップより上がるとサーフィンがより楽しくなるので是非トライしてみてください。

スポンサードリンク
URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

CREATOR

WebCreator
自然で遊ぶことが大好きなサーファーです。 ウェブメディア事業を行なっています。個人の時代で頑張るあなたをインターネットの力で応援します。夢は自然栽培による無農薬野菜を全世界に普及させていくこと。
Return Top