プラストークンウォレットでお金を増やそう!

スポンサードリンク

こんにちは。
えみ@脱ぐフルエンサー です。

2019年5月、新元号となり間もなく1カ月が経とうとしていますね。

暗号資産界隈では、ビットコインが85万円台まで戻り、一時は11兆円まで落ち込んでいた時価総額も、27兆円まで回復してきました。(2019年5月25日現在)

少しづつですが、界隈に活気が戻ってきていると感じる今日この頃です。

 

さて、今回はあるウォレットのご紹介です。

暗号資産を運用している方なら、「ウォレット」を利用している人は多いかと思います。

今回は、最近話題になってきている「プラストークン ウォレット」について簡単にご紹介していきたいと思います!

 

暗号資産ウォレットとは?

そもそも「ウォレット」って何?というお話ですが…。

仮想通貨ウォレットなどとも呼ばれますが、要はその名の通り、暗号資産専用のお財布のことです。

暗号資産を運用するとき、皆さんは購入した暗号資産をどこに保管していますか?

取引所に預けているか、ウォレットに保管しているか、どちらかに別れるかと思います。

たとえば、コインチェックでビットコインを購入して、そのビットコインをコインチェックから移動させない場合「取引所に預けている」という状態です。

一方、購入したビットコインを、コインチェックからウォレットに移動させた場合「ウォレットで保管」という事になります。

どちらが良いのか、それぞれメリット・デメリットはありますが、ここでは省略しますね。

 

ウォレットの種類

暗号資産ウォレットにはたくさんの種類があります。

有名なものであれば「ブロックチェーン ウォレット」「マイイーサ ウォレット」などがありますよね。

その数あるウォレットの中に「プラストークン ウォレット」というものがあります。

厳密に言うと、もっと区分けするならウェブ・ウォレット、ペーパー・ウォレット、ハード・ウォレットなど、多種多様のウォレットが存在します。

暗号資産の保管において、ウォレットに保管できるという事を覚えておいてくださいね。

 

プラストークン ウォレットとは?

ここからが本題です。

プラストークンウォレットは、2018年9月頃から日本国内で使用が始まった、暗号資産専用ウォレットです。

開発本社はシンガポールで、2018年6月に設立されています。

開発は2015年から始まり、3年かけて準備をし、スタートしたという経緯があります。

このプラストークンウォレットには、2つの大きな特徴があります。

1つ目は、PLUS(プラス)という独自の通貨を発行しているのですが、ウォレット内のアービトラージによって、このPLUSがどんどん増えていく事です。

2つ目は、このウォレットを他の人に紹介すると、紹介報酬が貰えるという事です。

順を追って説明していきましょう。

 

アービトラージとは?

一言でいうと、複数の取引所の価格差を利用する取引 のことです。

と言っても「なに言ってるのか、よく分からない」ですよね。笑

では、お米の取引を例にしましょう。

たとえば、お米の価格が全国平均で1袋(10キロ)4,000円としましょう。

東京のある売り場では、5,000円で売っていたとします。

一方、大阪の売り場では3,000円で売っていたとします。

※同じ品質、同じ重量と仮定してください。

このとき、大阪の売り場で買って、東京の売り場で売れば、2,000円の利益が出ます。

この取引の事を、アービトラージと呼びます。

 

スポンサードリンク

プラストークンウォレットでは、AI-Dog(自動アービトラージ)というシステムがあり、毎日自動でアービトラージによる配当を受け取る事ができます。

この配当はプラストークンで還元されますが、プラストークンをビットコイン、イーサ、リップル、イオスに交換することもできます。(2019年5月25日現在、4種類)

 

運用できる通貨は多数

AI-Dog(自動アービトラージ)を行うには、プラストークンウォレットに、暗号資産を移動させなければなりません。

プラストークンウォレットに保管できる通貨は、現在8種類です。(BTC,XRP,ETH,LTC,DOGE,BCH,DASH,EOS)

取引所に預けっぱなしで、かつ上記の通貨を保有しているのなら、プラストークンウォレットでAI-Dog(自動アービトラージ)で運用してみてはいかがでしょうか。

ただし、アービトラージ運用に回すためには,1銘柄につき最低 500ドル以上 の通貨 が必要なのでご注意ください。

 

アービトラージの配当はどれぐらい?

暗号資産をただ保管しておくのなら、プラストークンウォレットに保管しておいた方が、断然お得です。

ただ「配当ってどれぐらいなの?」と誰もが気になるところ。

プラストークンによる配当は、月利で10%前後 です。

100万円の元本が、1か月で約110万円です。信じられないですよね。

年利だと100%超えです。1年で100万円が220万円ほどになります。

あまりにも美味しい話なので、わたしは少額で運用しています。笑

まだやり始めたばかりなので、数か月後に答え合わせで、ブログを更新しようかと思いますのでお楽しみに ♪

 

複利運用も可能

アービトラージによる配当は、毎日還元 されます。

プラストークンによって、元本の0.3%ほどの還元ですね。

プラストークンがある程度貯まれば、それをビットコインなどに換えて、さらにAI-Dogにて運用する事も可能です。

途中で運用を止めたいときは、いつでもやめる事ができます。

ただし、運用開始から1ヶ月以内で停止した場合、5%の手数料がとられます。1ヶ月以降であれば1%です。

停止すると、運用していた通貨がウォレットに戻り、移動させて売却も可能になります。

 

ウォレット紹介で報酬が貰える

アービトラージによる報酬、またその仕組みについては、だいたいお分かり頂けたかと思います。

さらに、このプラストークンウォレットを他の人に紹介すると、報酬が貰えます。

その報酬額は、紹介した人の運用額の 9.5% (1ヶ月)です!

たとえば、わたしがこの記事を読んでいるあなたに紹介して、あなたに100万円のAI-Dogを1ヶ月運用してもらったとします。

そのとき私のウォレットには、1ヶ月で95,000円のボーナスが入るわけです。

 

なんとまぁ…「ほんとかよ」というようなお話ですが。笑

 

プラストークンウォレットの使い方

正直、かなり厄介です。

ネットでググって調べても、困難が予想されます。

そこで、わたしのお薦めする「プラストークンウォレット開設のマニュアル」動画を載せておきます。

この動画を見ながら操作していったら、1発で登録できました。

プラストークンウォレットに興味をもたれた方は、ぜひ参考にしてみてください。

※投資に絶対はありません。

自己責任・自己判断でお願い致します。

 

【 湯けむり投資ブログ 】

The following two tabs change content below.
えみ@脱ぐフルエンサー
「投資」と「温泉」「性」について情報発信を行っています。現職ナースのかたわら、LINEでFXトレードの配信等も行っています。目標 : 2020年までに資産構築、アーリーリタイア、海外移住です。
スポンサードリンク

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA