Our Blog

18 1月ノアコインが使用できるフィリピンのノアリゾートやノアシティについて


スポンサードリンク

スポンサードリンク


 

 

ミンダナオ島は数多くの美しいビーチがあることで有名だが、観光に関して言えばまだ発展途上にある。富裕層の観光客を対象にした初めてのリゾート地のひとつダカックビーチリゾートはディポログ空港から車でわずか30分の場所にあり、絵に描いたように美しい歴史的なダピタン市に位置している。

 

<写真>サンボアンガ・デル・ノルテ州のダカックビーチリゾート
<写真>サンボアンガ・デル・ノルテ州のダカックビーチリゾート

 

このリゾートのオーナーはオーガニック・オスメニア2020の最大の支援者の一人でザンボアンガ・デル・ノルテ州選出のセス・フレデリック・ハラショス下院議員である。ビーチを囲んで50の美しいバリ風のヴィラが立ち並び、インフィニティプールやレストランやスパも完備。ハラショス下院議員の父によって着手された50年に及ぶ開発計画は完了間近だ。リゾートの目玉にはゴルフ界のレジェンドであるグレッグ・ノーマンの設計したゴルフコースや、フィリピンでトップ5に入るような遊園地や、アジア最長のジップラインがあり、映画館やショッピングセンターもある。

ハラショス下院議員の発表によると、ノア・ソーシャル・イノベーションファウンデーションとの提携のもと、敷地内の未開発部分がノアリゾートへと姿を変え、開発済みのダカックビーチリゾートも含めて、2018年6月からノアアークコインでの支払い対応も開始される。

ビットコインでの支払いに対応する従来型ビジネスは世界中でどんどん増えているが、ひとつのアルトコインがリゾートエリアすべての施設での決済に使用できるということは世界でも類を見ない。グロウカートでの流通革命に加えて、ノアアークコインがノアリゾートおよびダカックビーチリゾートでの支払いに使用され始めれば、結果としてミンダナオ全体の至る所でも使われるようになり、ノアアークコインの普及は急速に広がると、開発者たちは自信を見せる。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

「ミンダナオは本当に安全で平和で美しい島であるにもかかわらず、マラウィでの暴動の影響で非常に危険な地域だと思っている外国人が非常に多い。ノア・ソーシャル・イノベーションファウンデーションとの提携により、この汚名が払拭され、ミンダナオ島に多くの観光客が訪れることを期待しています」とハラショス下院議員は語る。

「また、ドゥテルテ大統領が推進しようとしている海外からの直接投資によって、この地域の発展が加速度的に進むことを望んでいます。特に、ノアアークコインを通して、多くの日本人にミンダナオを訪れて欲しいと思います。

ノアアークコインは、日本とフィリピンの懸け橋になると私たちは考えているのです。将来的には日本語学校を設立して、日本語を話せるフィリピン人を育て、日本からのお客様をもてなすシステムを用意するつもりです。もともと日本はこの地域の発展に不可欠な役割を果たしてくれたのですから」と強調した。

フィリピンのミンダナオ島では、ノアアークコインは地域開発とフィンテックを結びつける1つのモデルケースと考えられているが、アーク・システムズ・テクノロジー社はマニラでの計画も明らかにした。ダカックにおける開発プロジェクトのシティ版「ノアシティ」が、マニラ湾沿岸の埋立地プロジェクト「ホライゾン・マニラ」に建設される予定だ。ノアリゾートと同じく、ノアシティでもノアアークコインが利用できる。

ノアコイン公式サイト

スポンサードリンク


</center

 

関連記事
ミンダナオ島は数多くの美しいビーチがあることで有名だが、観光に関して言えばまだ発展途上にある。富裕層の観光客を対象にした初めてのリゾート地のひとつダカックビーチリゾートはディポログ空港から車でわずか30分の場所にあり、絵に描いたように美しい歴史的なダピタン
lineblog.me
昨年、2017年7月21日の発表ですが、再度掲載します。ノアプロジェクトがフィリピン最大のブロックチェーン企業であり、フィンテックサービスを手がけているSCI(SATOSHI CITADEL INDUSTRIES)と技術・サービス提携を発表しました。 Satoshi Citadel Industriesはフィリピンでの
lineblog.me
泉さんから、 ICO案件がようやく解禁されましたね。なんのコインかは、もうわかっていると思います。ここからは、動画でわかっている情報のみ記載していきます。 この仮想通貨の特徴として、他のICO案件と違い、既に上場が決定しています。そして今回の募集で最後のようです
lineblog.me
『Via Via』というカリブ海の新聞の2017年12月29日発売号に「デジタルマネーの進化革命に参加せよ!」という記事が掲載されているのですが、その記事の中で泉忠司さんのことが言及されています。 泉さんの名前が言及されている部分を和訳して抜き出してみます。 世界には様々な偉人がいます。リチャード・ブランソン氏やビル・ゲイツ氏のような精力的な実業家は瞬く間に世界にその名を轟かせました。 しかし、真のリーダーたちはおそらく大衆にまださほど認知されていません。 イーサリアムの創業者であるヴィタリック・ブテリン氏、ライトコインの生みの親であるチャーリー・リー氏、そして「暗号通貨王」として知られ、アジ…
keitayoshidasurf.hatenablog.com
21世紀の「ノアの箱舟」がフィリピンに到来 Forbus記事 (日本語訳) フィリピンのドゥテルテ大統領の故郷であるミンダナオ島で、世界的に非常に画期的な試みがなされようとしている。 ミンダナオ島北西部のザンボアンガ・デル・ノルテ州セルジオ・オスメニアで「オーガニック・オスメニア2020」というイベントが2017年8月22日に開催された。 「オーガニック・オスメニア2020」とは、この地域の農業を2020年までにすべて有機栽培にするという目標を掲げたスタートアップイベントである。 農業食料委員会上院議長のシンシア・ヴィラー上院議員、ザンボアンガ・デル・ノルテ州選出のセス・フレデリック・ハラショ…
keitayoshidasurf.hatenablog.com
Noah Projectに関する情報が入りましたので、引用して以下に記します。【Forbus Asia】Forbus Asiaが隔週で発行するビジネス誌「Forbus Asia」の2017年12月号に、Noah Ark Coin及びNoah Projectに関する記事が掲載されました。「21世紀のノアの方舟がフィリピンにたどり着く
lineblog.me
新たな仮想通貨が日本とフィリピンの経済的結びつきを強固にする The Economist記事 (日本語訳) ノアアークコイン (Noah Ark Coin (NAC)) はそもそも、日本人が成長著しいNACのサービス網をフィリピンをはじめ世界中で利用し、また日本をはじめ海外で働くフィリピン人 (OFW) が自国へ便利で安全な送金をするために作られた仮想通貨である。 2009年、世界金融危機が最悪の時期を迎えるさなか、サトシ・ナカモトと名乗る正体不明の個人またはグループが、世界で最初の分散管理型の暗号通貨 (最新の暗号化技術を用いて作られたデジタル通貨) であるビットコインのもととなる、オープン…
keitayoshidasurf.hatenablog.com

スポンサードリンク


</center

スポンサードリンク

0 Comments

Leave A Comment

コメントを残す

CAPTCHA