スポンサードリンク

翻訳引用:https://chat.bankera.com/channel/japanese?msg=di3PFMqTipsPJFd5v

こんにちは皆さん!私はBankeraのマーケティングVPのRūtaです。本日はNEM.io財団代表取締役社長でありDragonfly Fintech最高経営責任者のLon Wong氏を特別ゲストとして迎え彼との電話でのインタビューをお届けします。

また、Bankeraのアドバイザーのうちの一人である彼を迎えることができて本当に嬉しいです。

こんにちは、ロンさん、本日は参加していただきありがとうございます。気分はいかがですか?

 いいですよ。気温はリトアニアほど冷たくはありません。私はマレーシアにいますが、現時点ではここの天候に関しては問題ありません。

それを聞けてよかったです!私は、ブロックチェーンテクノロジーの動向についてがあなたの意見を知りたいと思います。それはどんな方向に向かっていますか?あなたの予測や洞察を共有できますか?

ブロックチェーン技術自体は現時点では非常に急速に進化しており、多くの変更が行われています。最初のブロックチェーンテクノロジーであるBitcoinテクノロジーで目撃したように、value transferから実際に移動しました。今では、10年、正確には9年経過し、我々は多くの変化を目撃し、これらの変化の大半は規制されていない業界にまで拡大しています。規制されていない業界の意味するとこは、慣例上価値のある取引をする業界以外に、ブロックチェーン技術を適用できるということです。これには、土地の表記と登記、身分証明書やパスポート、KYC、サプライチェーンとしての食品流通、物流、公証と法的契約、ドキュメント保管などが含まれます。それはハッカー対策の施されたWebコンテンツ、メッセージングやコンテンツ配信、その他の医療記録や健康記録などのコンテンツにまで拡がりをみせています。なので、私たちは、ドキュメントストレージとドキュメントプルーフィングが不変である場合、不可逆的かつ許可ベースで、今後数年間に変化するであろう幅広いアプリケーションを見ています。

すばらしいですね! NEMネットワークは他のブロックチェーン技術とどのように異なるのですか?

そうですね、NEMブロックチェーンは、技術としては実装するための非常にシンプルなソリューションだと言えます。シンプルというのは、それが複雑で精巧な製品ではないということを意味するわけではありません。アプリケーションに電力を供給するためにブロックチェーンテクノロジーを必要とするソリューションプロバイダがあれば簡単にできたのでそれはシンプルです。したがって、アプリケーションの作成は簡単で、さらに重要なのは、NEMブロックチェーン自体がテンプレートスマートコントラクトと呼ばれるものを持っていることです。テンプレートとは、事前に設計され、事前に定義されているので、人々はコーディングに関して実際に何かを書き込む必要はありません。これには、スマートアセットを作成する場合と同様に、マルチ・シグネチャ・アセット構築や、特に新リリースではプッシュプル・トランザクションと呼ばれるものもあります。プッシュプルとは、因習の意味では、通常、トランザクションを送信者から受信者にプッシュすることを意味します。しかし今では、送信者からプッシュすると同時に受信者に何かを送り返すよう要求することができます。また、受信者がトランザクションに署名するとすぐに、送信者にも返送されます。だからそれは可能性があり、言ってみれば、それは、EURと引き換えに米ドルとなり、その後送信者は受取人に米ドルを送って返却する必要があります; 送信者は受取人がEURを送り返すことを期待しています。また、ある取引では、相手を信頼することなくこれを行うことができます。 これは非常に重要な機能であり、smart-featureと呼んでいます。それは間も無く発表されるNEMの新しいリリースにあります。したがって、これは他の技術に関して非常に異なっています。いくつかの他のテクノロジーはスマートコントラクトを書く必要があり、スマートコントラクトを書くためには、潜在的なバグも発生する可能性があり、スマートコントラクトに頼っているビジネスにシステムリスクが発生する可能性があります。 *NEM開発の将来的な計画はありますか?* 私は今、最も重要なのは80:20の法則と呼ばれるものに取り組むことだと思います。80ルールは、業界の80%が実際に使用できるアプリケーションを提供することを意味しますが、アプリケーション固有のソリューションはNEMには適していません。だから、私たちが現在しようとしているように、金融業界や規制されていない業界のために、より一般的な市場に適用可能な多くの機能を強化しようとしています。だから、これは私たちが進歩するにつれてより多くの機能を追加する計画の一つです。例えば、先ほど説明したように、プッシュプルのトランザクション機能。私たちが見ているもう一つは、明白に技術のスケーラビリティだけでなく、プライベート・チェーンとパブリック・チェーンの両方を提供し、強化することです。これらは我々が見ているものであり、私たちの計画に重点を置いているものです。

あなたの意見でNEMモザイクとERC20トークンの利点と欠点を教えてください。

基本的に、私たちが持っている、NEMモザイクはスマートアセットソリューションであるということです。

スポンサードリンク

どういう意味ですか?

これはスマートコントラクトトークンの発行をコード化するのではなく、コード化する必要がないテンプレート化されたソリューションです。だから、それはテンプレート化されたソリューションであるため、基本的には、いわゆる資産の特徴、資産の量と発行するコイン数、発行する資産の種類、そしてブロックチェーンにアセットをロードするためのプログラミングをユーザーが実際に行う必要はありません。これは基本的に素早く簡単な方法で、実際にNEMモザイクを構築することは2〜3分で、スマートコントラクトや別のブロックチェーンで発行されるトークンとは対照的に1つのNEMモザイクを実際に作成できます。この問題は、ユーザがプログラミングを必要とせず、したがってエラーが発生しにくいため、基本的にユーザ側のリスクが軽減されます。

私たちは、あなたが宣伝するプロジェクトの選択において非常に選択眼のある人物だとを知っています。なぜBankeraを選んだのですか?同様のプロジェクトと比較して競争上の優位性を感じましたか?

まず、Bankeraのアプローチはかなり新しいものです。これが非常に重要で、これが最初に私を惹きつけた部分です。そして、明白に、私はBankeraに助言をするように依頼され、アドバイザーの一人として招待されており、Bankeraがこれらの目標をどのように達成するかを見ています。私はそれが真新しいものと呼ぶつもりはありませんが、私はそれを銀行業務の仕組みに対する異なるアプローチと呼んでおり、それがBankeraチームの一員である私を魅了しました。もちろん、BankeraがNEMブロックチェーンテクノロジーを最も適した方向に使用することを願っています。実際、Bankeraが金融業界に展開しようとしているこれらのソリューションに最も適しています。実際、NEMブロックチェーンはBankeraが達成しようとしているようなアプリケーション用に設計されています。

昨今の多くのICOプロジェクトは、何らかの問題を解決するためにブロックチェーンソリューションを使用しています。すべてがブロックチェーンであり分権化される必要があると思いますか?

基本的には、分散化という言葉には2つの意味があります。1つは分散化信用と呼ばれます。基本的に、それは信頼できません。次に、ブロックチェーンソリューションの管理と実行を支援するコンピュータシステムのノードとなる分散プロセスがあります。したがって、どこにノードが配置されているのかに関する分散ネットワークについては、明らかにブロックチェーン技術の非常に優れた機能です。なぜブロックチェーンテクノロジーが、人々がトランザクション値を変更したりトランザクションを取り消したりすることを望まないことに適していてるか、それを向上させます。したがって、分散モードのブロックチェーンは、ブロック上にあるノードの数に基づいて非常に強力なソリューションです。そして信用の側面では、信用の大部分は基本的にブロックチェーンテクノロジーによって提供されています。しかし、銀行業務において、サービスプロバイダー、この場合は銀行に信託を譲渡させたいという確かな信頼があります。たとえば、関心のある計算のようなものがある場合、関心の計算は非常に動的であり、多くのビジネスルールは非常に動的であるため、ブロックチェーンに配置する必要はありません。したがって、これらは分散化できるものです。だから、私はすべてがブロックチェーンにある必要がないことを理解しています。

どのようにICOプロジェクトを選び、出資する前にそれを評価するかについて、視聴者に何かアドバイスはありませんか?

そうですね、ご存知のように、最近、昨年には多くのICOがあり、私が見た中でこれらのいくつかは詐欺であり、いくつかはそうでないものもあります。ICOに出資したいと思う投資家にとっては、それを見極めるのは難しいことです。そして私のアドバイスは、最初にICOプロダクトがソリューションとして実用的であるか、解決策として実用的であるか、またはソリューションとしての可能性があることを見極めるということです。私が以前に言ったように、重要なもう一つのことは、多くのICOがある中でその中から良いICOを選ぶことです。そこに投資するには、ICOを別のものにする必要があるでしょう。多くの人が現在していることではなく、投資家に彼らがそれを構築しようとしていることを伝えているホワイトペーパーの部分だけでなく、すでに存在する解決策があることを確認する方法です。あなたは知っていますか?私はその段階を過ぎていると思う。私たちは実際に稼働しているものがあることを実際に示す必要がありますし、最良のやり方は実際に投資家に実用的なモデルを見せて、ここにプロジェクトがあるということを示すことです。それはいいことでしょう。だから、これは、可能性のあるICOプロジェクトは何かを提示しなければならないという私のアドバイスです。少なくとも初期段階には稼働していて、次の段階に移るということ。

どのプロジェクトが実際にブロックチェーンを必要とし、どのプロジェクトが従来のソリューションを必要としているのかを理解するための良い経験則はありますか?

私のこの件についての最善の考えは、決して円形の穴に四角いペグを試してはいけないということです。それで、それが合わないなら、それを無理やりしないでください。だから、基本的には、経験則は、誰かがブロックチェーンテクノロジーをどのように使用するかを見ることです。なぜなら、私が以前に述べたようにブロックチェーンテクノロジーは2者間の価値取引を超えて進化しており、今や不変の不可逆データとコンテンツのアクセス権が含まれます。だからこそ、これは動いているところで、そして現在の経験則は、私たちがそのような解決策を必要としているのか、価値移転だけを必要としているのかを評価することです。そして銀行業は例えば、基本的には台帳であり、最も基本的な形のブロックチェーンは基本的に台帳であるため、銀行取引は明らかにブロックチェーンに適しています。価値取引の記録。したがって、経験則は、ブロックチェーンソリューションを使用する前に、必要なものが収まるように適合して理解することではありません。 インタビューに応えてくれて本当にありがとうございました。あなたとのチャットは本当に素晴らしいものとなりました。すべてにおいて最高で素敵な一日を! どうもありがとうございました。 喜ばしいことだ。 ありがとう! そして、リスナーの皆さん、Bankeraの最新情報については公式コミュニケーションチャンネルにご注目ください。 また次回、バイ!

スポンサードリンク