スポンサードリンク

スポンサードリンク


AI(人工知能)による多国語の自動翻訳機能について

SNSアプリRobin(ロビン)は、55カ国同時翻訳機能があります。海外で仕事されている方なら大変便利な機能だと思います。

しかし使い方が全然わからないですよね。今のところ使い方を説明しているブログもないし、資料もない。これまたブルーオーシャンな市場!だよね。

ということで使い方を模索しながら解説していきたいと思います。

わからないことはAI Chatbotに聞け!

そういや、人工知能搭載だったから、わからないことはAIに聞いてみよう。そうするとすぐ答えを表示してくれました。意外に便利じゃん。

AI Chatbotは、チャットルームの知り合いかもの一番先頭にいます。

AI Chatbotは人工知能搭載なので、学習すればするほど、会話の精度が上がってくるということです。

スポンサードリンク


翻訳方法

ROBINチャットでは、送受信したメッセージを選択して翻訳することができます。

  1. チャットルームの右上[その他の機能]をタップ
  2. [翻訳]から翻訳したい言語を選択して[完了]をタップ
  3. 翻訳したいメッセージを長押しする
  4. [自動翻訳]をタップ

ん!?
この機能もしかしてテレグラムの文字も翻訳できるんちゃうん!

スポンサードリンク

英語を日本語に翻訳してくれる

メッセージを長押しすると、自動翻訳という項目が表示されるので、それをタップすると英語が日本語に翻訳されて表示します。

これは海外の方とやりとりする時は便利ですね。55カ国同時翻訳機能なのでほぼ世界中の方とメッセージのやり取りができそうです。

スポンサードリンク


 

英語を日本語に変換できる

右上の3点のアイコンをクリックすると、言語が選べるようになるので、Englishにします。

日本語のメッセージを長押しして、自動翻訳を選択してタップすると、英語に翻訳した文字が表示されます。

まとめ

海外の方とメッセージのやり取りする方なら大変便利な機能だと感じました。翻訳の質も、メッセージのやり取りを行えば行うほど、AIが学習していくので高まってくると思います。

今回はこれで以上になります。

ポイントが貰える!SNSアプリ「Robin」のダウンロード方法や使い方を動画と図解で解説しています。

スポンサードリンク