2018年暗号通貨は淘汰の年と言われていましたが、個人的には、草コインと呼ばれる取引量の少ない暗号通貨が無くなるのかと思っていましたが・・・

まさかまさか

メジャー通貨を筆頭に、全ての暗号通貨が大幅に下落した結果となりました。

暗号資産が1/10に簡単になるということが、解らされた1年となりました

OH!!(*´Д`*)エクスタシぃいぃぃー

イーサリアムクラシックなんか、資金難により開発終了

OH!!(*´Д`*)エクスタシぃいぃぃー

今、暗号通貨をホールドしている方は、相当なM気質なんじゃないかと疑うくらいです。

ここで、こんな疑問を抱くはずです。

「とんでもない損失を食らわされたのに、
なんで暗号通貨なんかに投資するん?!」

奥さんにバレたら離婚されるくらい危険度MAXの投資です。

常識を兼ね備えた方には、なかなか理解できない投資だと思います。そもそも世間一般では暗号通貨なんて話題にすらなりません。

スポンサードリンク


何故、暗号通貨に投資するのか

この記事のタイトルで答えを言っちゃってますが、

「暗号通貨やブロックチェーン技術は、今後普及することが決まっているから」です。

まぁ、こんなことを言うと、また洗脳されてしまった可哀想な人と言う目で見られてしまうのですが、世界は暗号通貨やブロックチェーン技術を使っていくことが決定事項だということです。

2018年10月13日、さいたまスーパーアリーナで開催された「WORLD BLOCKCHAIN FESTIVAL 2018」で基調講演を行った竹中平蔵氏によれば、

世界では、ブロックチェーン、ビックデータ、AIが組み合わさってただならぬ事が起っているということです。

 

スポンサードリンク


 

世界の経済のリーダーたちが集まるダボス会議

竹中氏は、今年1月にダボス会議に出席しました。ダボス会議とは、スイスのダボスで、世界の経済のリーダーたちが必ず集まって議論する会議のことです。総理大臣が行くこともあるくらいで、今年は、アメリカのトランプ大統領きたということです。

今年の議題の中心は、徹底してブロックチェーンをどう扱うかということでした。つまり国家権力を牛耳っている世界の経済のリーダー達は、ブロックチェーン技術を使用すること前提で話を進めているということなのです。

下記のブログは、竹中氏の基調講演を文字起こししてくれています。世界の国家はブロックチェーン技術ありきで政策を進めていることが理解できると思います。そして日本はこの分野において数年遅れているということです。

記事編集中