1月4日のアナウンスのフォローアップとして、Dash Core GroupはDash Core v0.13.0が月曜日の1/14にmainnetに登場することをお知らせします。

スポンサードリンク


私たちはパートナー、ネットワーク事業者、そして他の利害関係者にアップグレードの計画を完成させるようにお願いします。それ までの間、準備ができていることを確認するためにtestnetで最新のリリース候補を積極的にテストしてください。また、まだ参加していないネットワーク参加者には、この3つの質問調査に記入して、展開計画をさらにお知らせください。

新機能に関する高レベルの情報はDash Core v0.13.0製品概要にあります。また、実装のための基準点として機能することを目的とした、Dash Core v0.13.0トランザクションタイプに関する詳細を含む統合ガイドもまとめました。

注意として、これらの新しいトランザクションは既存の暗号通貨開発ライブラリとの「後方互換性」はありません。最初の調査では、ほとんどの場合、DIP 002:特別取引の有効化後もブロック/取引データの継続処理を可能にするために少なくともマイナーパッチが必要になることが示されています。約1週間以内に、80%のブロックが準備完了を知らせた後にアクティブ化が行われます。シームレスな移行を可能にするために、Dash Core Groupはこれらの開発ライブラリーのできるだけ多くを確実に更新することに重点を置いています。Dash Core v0.13.0との統合について詳しく知りたいパートナーは、情報セッションを利用できます。アップグレードに関してサポートが必要な場合は、サポートデスクに連絡してください。

スポンサードリンク


ブロックノードの報酬を受け取り続けるために、マスターノードはスポーク15の活性化の前に更新しなければなりません。十分なマスターノードが決定論的マスターノードとして登録されたら(DIP3)、スポーク15の活性化の正確な日は後で発表されるでしょう。

この大幅なアップグレードは、Dash Evolutionの基盤となるでしょう。そして、Dashを世界で最もユーザーフレンドリーなブロックチェーンベースの支払いシステムにするための次の大きな一歩を踏み出したことをとてもうれしく思います。

【PR】DASHはクロスエクスチェンジで取り扱ってます。クロスエクスチェンジで取引すると手数料分の配当型トークンが配布されるので、実質手数料が無料になります。