Cross Exchange(クロスエクスチェンジ)マージントレード講座

スポンサードリンク


マージントレードとは

マージントレード(信用取引)とは、一定額の資産を担保として預け、取引所からその数倍の暗号通貨を借入れ(少額の借入手数料を支払いながら)自己資金よりも大きな取引が行える

「暗号通貨の証拠金取引」のことです。

FXとの違いとは

古くはアメリカで生まれた証拠金制度が日本にも伝わり、信用取引として現在でもつかわれています。

信用取引を昔はマージン取引と呼んでいて、関西では今でもマージン取引と用いられています。クロスの開発者に関西人の方がいるのかもしれませんね。

アメリカでは、現物株のみを行う取引口座(キャッシュ口座)と、信用取引のできる口座(マージン口座)とに別れています。

スポンサードリンク


BLOG

クロスエクスチェンジONECARDがテストマーケティング開始

クロスエクスチェンジのロードマップによると...

クロスエクスチェンジ 短期ロードマップ発表と宇原CEOのAMA

クロスエクスチェンジが短期のロードマップを...

スポンサードリンク