KEITAYOSHIDA.com

個人の時代で価値組を目指す

河村海砂プロ How To Surf

サーフィンHowTo動画を紹介

01

パドリングについて

サーフィンでパドルは一番大切です。波に乗るにはパドルが必要だからです。

さらにパドルが上手ければ、波を多くキャッチできるのでサーフィンの上達スピードが早くなります。

河村海砂プロは、パドルがトッププロサーファーの中でも特に早いので、河村海砂プロから学ぶことがパドリング上達の秘訣になります。

How To Movie

パドリングのHowToは、室内での座学と海での実践動画となっています。河村海砂プロのパドリングは水面より肘を上げるやり方です。詳しくは動画で解説しています。

体の軸がブレないようにパドリングする方法を解説しています。

体の軸がブレるとサーフボードがグラグラと揺れてします。サーフボードが揺れると効率よく進まなくなるので、体をブラさないことが重要になります。

海で実際にパドリングを実演している動画です。

今回のポイントで気になったところはパドリングは途中で止めないで最後まで漕ぐことです。最後まで漕ぐと反動で手が前に出やすくなります。

あと力は一切入れないということです。実際、パドリングで力を入れれば入れるほど全然進まないですよね。

02

テイクオフについて

サーフィンで一番難しいのがテイクオフです。10年サーフィンをやめていたら、まぁ前足が入らない、入らない。

正座になってしまったり、テイクオフしようとしたら立てなくて、そのまま海老反りで頭から落ちたり、胸を水面に強打して次の日の朝、痛みで起き上がれなかったり。

若い時は何も考えずにテイクオフしていましたが、歳をとると体が思い通りに動かないので、テイクオフの動作を頭で理解し、テイクオフで使う筋力を強化し、ストレッチで股関節の可動域を広げて、やっと前足が出るようになります。

河村海砂プロの動画を見て、まずはテイクオフの方法を学んでみてください。

How To Movie

今回のポイントの中で重要だと思ったのは目線です。

僕は今までテイクオフしてそのままボトムに行きたいからボトムを見ていたのですが、そうするとお尻が上がってしまってカッコ悪い姿勢になります。またボトムに行ってターンすると先がもう割れてしまっていて抜けられないことがあります。

テイクオフ時は進行方向のリップを見るようしたら姿勢が良くなってワイプアウト率が少なくなりました。

さらにテイクオフしてから波のリップの状況を見て、ボトムに行くか波のハイラインを走り早いセクションを抜けるか見極めるように切り替えたら、テイクオフに余裕ができました。

海で実際にテイクオフを実演している動画です。

ポイントとしては後足も前足と一緒に引き付けること。

テイクオフ時の後足はデッキパッチの前の方に乗せます。なるほどーと思うノウハウです。

後足体重を意識するあまりデッキパッチの後方に足を置きがちでしたがテイクオフ時はデッキの前の方においた方が波のトップでブレーキがかかりません。

だけど前足すら引き寄せるのが難しいのに後足も引き付けるのは家でかなり練習しないと出来ないですね。

スポンサードリンク

僕らおじさんは、まず初めに筋トレとストレッチして動く体を作ることが大切だなと思いました。

03

ボトムターンについて

ショートボードを最短で上手くなりたいならアップスよりもボトムターンを練習した方が絶対いいです。

ボトムターンが出来ると掘れ上がった波を重力から外れて縦に駆け上がることができます。これがすっごく気持ちいいんです。

縦の動きはショートボードの醍醐味なので、ぜひボトムターンを重点的に練習して欲しいなって思います。

How To Movie

フロントサイドボトムターンのHowToです。前編と後半に分けて解説しています。

ボトムターンで気をつける点は前傾にならないようにすることです。足と足の間に頭が来るようにすれば前傾になりません。

昭和サーファーは、前足を踏むと加速するという教えを受けています。これを文字通りやってしまうと高確率で猫背になってしまいます。猫背だとボトムターン時に体重を乗せにくくなり、加速しずらくなります。

まずは前傾にならないことが重要です。

ボトムターンを成功させるには、ボトムターンをする波の位置を知る必要があります。

僕を含めたほとんどの一般サーファーは波の先に行き過ぎています。ゆえにオフザリップができるセクションを通り過ぎてしまい、カットバックばかりやってしまう方も多いと思います。

今回の動画ではボトムターンをする場所とボトムターンする方法を解説しています。

バックサイドボトムターンのHowToです。

バックサイドボトムターン難しいですよね。

バックサイドはレールを上手く傾けないと縦のオフザリップができません。

レールを入れる基本姿勢を丁寧に解説しています。

04

カットバックについて

パワーゾーンに戻る位置付けのカットバックですが、パワーゾーンに戻る際にスープに当て込むことで、オフザリップの練習になります。

またターン自体もボトムターンのフォームなので、ボトムターンと当て込みの練習が同時に出来てしまうのがカットバックです。

ゆえにカットバックは、かなりレベルの高い技だと僕は思っています。

How To Movie

フロントサイカットバックのHowToです。

ちょっとバックならできるけど、スープにバチコーンって当てるカットバックは本当に難しいですよね。

スポンサードリンク

COMMENT ON FACEBOOK

CREATOR

WebCreator
自然で遊ぶことが大好きなサーファーです。 ウェブメディア事業を行なっています。個人の時代で頑張るあなたをインターネットの力で応援します。夢は自然栽培による無農薬野菜を全世界に普及させていくこと。
Return Top