吉田啓太のバックサイドボトムターン

スポンサードリンク

サーフィンのプロでもない一般人が自己学習でどこまで上手くなれるのか検証する完全なる自己満企画。こんにちは、吉田(@keitayoshida)です。

厄年過ぎたおっさんが久しぶりにサーフィンやると、体の節々が悲鳴をあげます。ここ最近は、肋骨あたりが痛くてパドリングする度にズキンズキンと痛みが走ります。折れていないのにこの痛みはやばいですが、めげずにやっていきたいと思います。

肋骨が折れていないとわかると無理しちゃうんですよね。なんかもう生き急いでいる感じです。生きている間にサーフィンが上手くなりたいんですよ。

今は、ビデオで自己チェックできる「SOLOSHOT」があるので、その映像で自分を客観的にみて練習できます。いい時代になりました。

とにかくオフザリップがしたい

とにかくサーフィンの花形といえば「オフザリップ」なんだけど、よくよく考えたら全然やったことがなかった。やったことがないというより出来なかったというのが正しい表現なんだろうと思います。

なぜ出来なかったというと、原因は今までは前足体重のボトムターンをしていたからです。前足体重だと波のトップにボードを持っていけないので、必然的に波のショルダーしかいけず結果オフザリップが出来なかったのです。

前足体重のターンのデメリット

過去の記事に掲載しているので、よかったら参考にしてください。昔の僕はオフザトップをリッピングだと思い込んでいたんだと思います。恥ずかしいです。

というわけで後足加重のボトムターンをしないとオフザリップができないので、もっぱらボトムターンを練習しています。

ボトムターンのフォームをチェック

自分のライディングフォームをケリーのフォームに近づくように修正していきたいと思います。

波のどの位置でどのようなフォームをしているかを参考にして、実際にフォームを真似るのが一番の上達の近道だと思います。

ケリーと自分のフォームを比較して、ケリーのフォームに近づけていきたいと思います。
バークサイドボトムターンに入る直前です。ここで波のリップが出現するタイミングを図っています。
僕が注目している点は、後足の曲がり具合が前足よりも、ケリーはかなり曲がってます。この姿勢になるように足の曲げ方を練習していきたいと思います。
波のリップが出現したので、リップ目がけてターンします。ケリーと比べると後足の曲がりが全然足りないですね。後足先行で膝を曲げていきたいと思います。あと後ろの手の位置がケリーのフォームのようになるように次回やってみます。
ケリーは、遠心力を使ったリラックスしたスタイルで体を傾けています。
僕はもうガチガチです。ここから全然ケリーのフォームになりません。キョンシーのようなポーズになってしまいました。無理やりボードを足でぶん回してる感じです。次回は後足をもっと曲げて、遠心力でターンしてみたいと思います。
ケリーは遠心力を使ってさらに体を傾けています。ホントかっこいいですね。普通の人ならこの体制になると後ろの手がめちゃくちゃ上の方に上がってしまいます。しかしケリーの後ろの手は下がってます。どうやったらこのフォームになるのか判れば一気に道が開そうです。
もはや、どうしていいかわからない(笑)どうやったらケリーのようなフォームになるんだろう……

以上がボトムターン検証のシークエンスになります。

総評

オフザリップが出来ないのは、そもそもボトムターンが出来ていないので、ボトムターンを重点的に練習していきたいと思います。

スポンサードリンク

「オフザリップ」ではなく下記の画像のトップターンなら、僕のボトムターンでも出来るのですが、リップをブチ抜く パワーのあるオフザリップはできません。

今の僕のターンは、スピードもパワーもないので、際どい波のところに入っても、波の力に負けてほぼコケてます。

そして波に胸から落ちて肋骨付近をボトムに打ち付けてます。それで肋骨あたりが痛いんじゃないかなと……

僕のボトムターンだと、こういう感じのトップターンになります。ゴールは波のリップでテールスライドさせたいので、ボトムターンを修正していきたい思います。

僕の場合は、その前に水平テイクオフをちゃんと出来るようにならないと駄目なので、テイクオフとボトムターンを徹底的に練習していきます。もうテイクオフの時に波のトップから転げ落ちるのは嫌だ。

さて今回のケリーのシークエンスの動画は、下記のTwitterに貼り付けている動画からスクショしています。

さらに、スクショだけでは、実際のやり方がわからないと思うので、バックサイドのボトムターンの方法を解説している動画も掲載します。

イメトレ用に自動追尾カメラは重宝します

サーフィンは結局のところ、ライディングを撮影して、そのフォームを確認と修正を繰り返していかないと上手くいきません。そのために自動追尾カメラは重宝します。

SOLOSHOT SS3O65B ビデオカメラ SOLOSHOT3 [4K対応][SS3O65B]

価格:159,500円
(2019/12/7 18:22時点)
感想(1件)

スポンサードリンク

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA