ファイヤーワイヤー Flat Earth(フラットアース) LFT Series Kelly Slater(ケリースレーター)サーフィン動画

2021年最新モデルのひとつとしてリリースされたSlater DesignsのAkila・AipaシェイプThe Flat Earth LFTシリーズの動画を紹介します。

フラットアース ケリースレーターライディング動画

11度ワールドチャンピオンに輝いているケリー・スレーターがデザインしているサーフボードのモデル「フラットアース」のライディング動画です。

FLAT EARTH/フラットアース

Slater Design スレーターデザイン サーフボード

ヒザからオーバーヘッドの波でサーフィンする為に作られたボード。

AkiraAipa によって設計され、 Kelly Slater が完成にこぎつけさせた。

2019年宮崎で行われたISA ワールドサーフィンゲームスにおいて Kelly 自身がその性能を実証済みであり、どんなコンディションでも対応できるようトライフィン仕様に変更されています。

アキラアイパ とケリースレーターのコラボ

ファイヤーワイヤーから2021年のニューモデルとしてリリースされたフラットアースは、ハワイアンシェイパーのアキラ・アイパとケリー・スレーターのコラボレーションモデルです。

ファイヤーワイヤーの中では、スレーターデザインシリーズに属します。

コンストラクションはLFTテクノロジーが採用されており、ストリンガーカラーはブラックの他に、オレンジとグリーンでも展開があります。

スポンサードリンク

フラットアースは膝波からオーバーヘッドサイズの波でシュレッドするために設計されたサーフボードです。

ケリーが日本、バリ、ハワイなどのバラエティに富んだ波で使用して性能を裏付けしています。このボードのポイントはフィン設定にもあります。

シェイパーのアキラは、小さい波でスケーティーに乗るならツインフィンで乗ること提案しています。

そして波が少し大きい時やパワーがある時には、ツインフィン+トレイラーフィンのセッティングで乗ることをおすすめしています。トレイラーフィンをつけることで軸が安定してドライブの効いたターンができるようになります。

サイズは大きめのリッターを選ぶ

フラットアースのサイズ選びですが、多くのレビューでは少し大きめのリッターを選ぶことが推奨されています。

このボードはレール形状が薄いこともありリッター数よりも体感する浮力が若干少ないかもしれません。1サイズ大きいボードを選ぶことでパドリングが安定しテイクオフも易しくなるでしょう。

Linear Flex Technology (LFT)について

Linear Flex Technology (LFT)は、私達のボードのフレックス特性を最適化する為の探求からもたらされた、最新のテクノロジー。
LFTとは、RapidFIREに使われる内蔵カーボンロッドの代わりに、ノーズ先端からテールエンドにまで使われる高密度宇宙航空合成物を用いた 18mm幅のサスペンション・システムの事。
サンドイッチ構造のデッキ・シートを使う事で、従来のフォームを用いたボードに比べ圧力に強い構造となっている。
またLFTはデッキ側には僅かながらも足の圧力がかかる事によって出来る稜線を防ぐ為、ボトム側から挿入され、デッキ表面の下、10mmの所までとなっている。
更には、ボードのロッカー形状に合わせて前後が細くなっているLFTによってボード中央部の強度が増し、テール部もフレックス性も増している。
LFTは、ターンに入る時と出る時の、弾けた素早いフレックス性を特徴としています。

  • BRAND:FIREWIRE SLATER DESIGNS
  • MODEL:Flat Earth Shaped by Akila Aipa
  • ボトム形状:シングルコンケーブからダブルコンケーブ
  • テール形状:ラウンドピンテール+ウィング
  • ロッカー:ミディアム
  • レール:ミディアムからローパフォーマンス
  • FINシステム:TRI (FCS2)
  • 輸入元:ファイアーワイアー ジャパン サーフボード
  • 原産国:ファイアーワイアー タイ工場
  • お勧めの波のサイズ:膝~頭前後
スポンサードリンク

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA