メイヘムのドライバー2.0がかなり調子良さげ!村田嵐プロのバックサイドボトムターンからオフザリップのシークエンス

今回の村田嵐プロの動画は、伊豆の多々戸でサーフィンの練習をしています。小波だけどバックサイドターンが凄いドライブしていて、板もめちゃくちゃ縦に上がっていたので、シークエンスでターンを勉強していきたいと思います。

村田嵐プロバックサイドオフザリップのシークエンス

僭越ながらバックサイドボトムターンの解説をさせていただきます。

ボトムターン初期は、肩を閉じたまま膝を曲げていきます。いきなり肩を開いてしまうと、サーフボードの反発が少なくてトップまで板が上がりません。

ターン中間から一気に肩を開きます。開くと同時に体ごとサーフボードを傾けます。傾ければ傾けるほど、際どい角度でターンします。

肩を思いっきり開きます。後ろの手が当てたいリップの方向に向くまで肩を開くと、狙ったところにリップ出来きます。

ポイントとしては完全に後ろ足荷重で板を押し上げます。板が上がらない原因は後ろ足荷重になっていないからです。

ターン後半というか、この画像の直後からフロントサイドのボトムターンの要領になります。

肩を閉じたまま(写真の肩の状態のまま)前足を胸に引きつけます。そして後ろ足で波のトップに向けて荷重し続けます。フロントサイドのターンになるので加速して波のトップに向かいます。

スポンサードリンク

このタイミングで肩を開いてしまう(※村田嵐プロのようにスピードがついていて、前のターンが良い場合を除く)とほぼ板が上がりません。波のボトムでオフザリップの姿勢している人(俺のこと)いますよね。

前足が波のリップに当たったら、一気に肩を回します。

後ろ足に荷重し続けると勝手に板が回転します。

後ろ足に荷重し続けているので、板が返ってもノーズが波に刺さることがありません。

というわけで僭越ながら、バックサイドボトムターン・オフザリップの解説を終わります。

村田嵐プロは過去にバックサイドボトムターンのHOWTOを出しています。とても参考になるのでみて下さい。

村田嵐プロはバックサイドボトムターンが苦手いうことで、凄い考えてサーフィンしているのが伺えます。ですから教え方も上手いです。

村田嵐プロがYouYubeでバックサイドボトムターンのやり方を教えてくれています
スポンサードリンク

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA