サーフィンのテイクオフで前足が入らないならお尻を上げろ!

こんにちは吉田です。

友達がGOPRO持ってきたので、ライディングを撮ってもらいました。

テイクオフ時、立とうとすると後ろ足体重になって失速するので、失速しないようにする為にお尻を頭より浮かしていることが分かりました。お尻をあげるもう一つの原因が、前足が入らないからです。前足が入らないからお尻をあげて前足の入るスペースを確保していました。

最終的に前足入っているからいいじゃないかと感じるかもしれませんが、何が問題かというと、お尻を上げるタイミングが1.2.3の「3」のタイミングで上げていることです。

このテイクオフは波が掘れてくるとパーリングの原因になるので早急に治したいところです。

テイクオフ姿勢がキモ過ぎる

写真を見るとお尻というか背中が丸まって頭よりも上にあります。めっちゃ気持ち悪いです。背中が丸まる原因も3のタイミングでお尻を上げているからになります。

サーフィンを再開したころは、筋力が衰えていてテイクオフの時に前足が入らなくて正座になったりパーリングしていました。筋トレをすれば前足が入ると信じて頑張ってきましたが、それでも前足が入らなくて困っていました。サーフィン人生もう駄目なんかなと頭をよぎる。

前足が入るテイクオフ方法

ネットで調べていたら野呂玲花プロのテイクオフ方法が参考になりました。

スポンサードリンク

動画のサムネを見てわかる通り、お尻をあげちゃいけないと思ってやっていたテイクオフ方法を今までやっていましたが、それが間違っていました。背中を反ったテイクオフが前足が入らない原因だとわかりました。本末転倒とはこのことです。

今までなんで前足が入らないのか悩んでいましたが、お尻を上げないことを意識しすぎたことが前足が入らない原因でした。前足が入らないので両手もついたままの姿勢になり(手を離すと波に置いていかれるか、テイクオフ出来なくてパーリングするので手を離せない)、そこに無理に前足を入れて背中が丸まってしまうという悪循環を引き起こしていました。

お腹の下にスペースを空ける

掘れた波のテイクオフは、お尻が上がることよりも前足が入らないことの方がリスクなので、1のタイミングでさっさとお尻をあげて前足を入れてしまった方が得策だということに気がつきました。正確にはお尻を上げるというより、お腹の下に前足を入れるスペースを空けてやるということです。

よく他のプロサーファーが教えている1.2.3で立ち上がる方法は、厚い波ならいいのですが、掘れた波だと2か3ぐらいで巻かれてしまいます。野呂玲花プロがいうように1のタイミングで前足まで入れないとテイクオフが安定しません。

今までずっとテイクオフが安定しなくて悩んでいましたが、動画のテイクオフ方法を試して、今日のサーフィンでは前足が入らないことがなかったです。

ありがとう野呂玲花プロ!

スポンサードリンク

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。