前足加重は猫背になってかっこ悪いフォームになっちゃうよ

前足加重は加速という都市伝説

昭和のサーファーほど、スピードアップするには「前足加重」と教えられていると思いますが、前足加重にすると「猫背」になっちゃうんですよね。

サーフィンはスピードが「命」だから、とにかくスピードをつけようと、テイクオフした時から前足に体重をのせようと意識していたんですが、それをビデオで見たらめっちゃ猫背になっていて……

もう悲しくなっちゃいます。

昭和代表サーファー(@keitayoshida)です。

前足加重なのか、後足加重になっているのか、これはビデオに撮影して確認するしかないので、一度撮影してもらって確認することをお勧めします。

猫背って女子にも受けが良くないですよね。「なんか胸元を見ているような印象を受ける」とかで……。

もう酷い話ですよね。

サーフィンでも猫背になるとあんまりメリットがありません。

今回は、特に前足加重でターンするデメリットについて、書いていきたいと思います。

前足加重ターンのデメリット

前足加重でターンをすると、波の斜面の入り口ぐらいでつんのめってバランスを崩してしまいます。波のリップまで板を持っていくことが出来ません。

僕の傾向として、波を縦に駆け上がるのではなく、横にスライドする間延びしたターンになってしまい、オフザリップではなく、オフザトップになってしまってます。

スポンサードリンク

下記の画像が「オフザトップ」です。「オフザリップ」よりも簡単に出来ます。

だけど、この技が多い傾向がある方は、ボトムターンの時に後足加重になっていない可能性があるかもしれないです。

前足加重のターンは、せっかくリップがある波でもオフザリップが出来ないという事態になってしまいます。

下記の動画は僕がサーフィンを勉強している動画になります。後足加重にしないと駄目な理由を解説している動画です。

ドル君の解説もとてもわかり易かったです。

フォーム改善方法

僕が後足加重にファームを改善するのに使っているのがロングボードです。ロングボードは、後足加重にしないと、パーリングしちゃうので、必然的に後足加重になります。

フォーム改善にロングボードはありかなと考えています。

下記は僕のYouTubeチャンネルになるので、よかったらチャンネル登録お願いします。

ターンの時に猫背になるので、後足加重を意識してフォーム改善していこうと思います。

スポンサードリンク
  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA