水平テイクオフで昔よりサーフィンが上手くなってきた気がするんだよね

サーフィン暦20年といっても、ほぼ10年ぐらいサーフィンをまともにやっていなかった「ペーパーサーファー」ってやつだったんだけど、最近サーフィンを再開しました。

再開した当初はテイクオフが全然できないし、テイクオフしたとしても板がバタバタして全然ライディング出来ないし、膝・腰・股関節が痛いし……(関係ないか)どうしたものかと悩んでいたんですが、そんな悩みを解決してくれた「テイクオフ方法」を本日はお伝えしたいと思います。

こんにちは、(@keitayoshida)です。

今は、YouTubeでサーフィンを教えてくれるチャンネルがあって、それを見てサーフィンを勉強しています。その甲斐あって10数年前の全盛期よりサーフィンが確実に上手くなってきてるのを実感してます。

昔は、YouTubeなんてなくて、ほとんど独学でサーフィンやっていたから上手くならなくて当然だよね。本当にいい時代になりました。

水平テイクオフがサーフィンを変える

テイクオフの仕方で、凄く勉強になったのが「水平テイクオフの方法」です。10年前はそんなこと知らずに、適当にテイクオフやっていたんですが、この方法を知って確実にテイクオフが安定してきてます。

テイクオフに悩んでいる初心者の方は、最初からこのテイクオフ方法を習得すると上達が早くなると思うのでぜひ取り組んでみて欲しいと思います。

テイクオフが安定すると、その後のライディングもスムーズに技を仕掛けられるようになるので、水平テイクオフはかなり有料級のメソッドだと思います。それを無料で教えている動画を紹介します。

トッププロは水平テイクオフやっている

トッププロの全員が水平テイクオフをやってるのが、この動画でわかると思います。

水平テイクオフのメリット

今までは、テイクオフ時に板を重力で滑らせてテイクオフしていたんだけど、ライディングを始める際にバランスを崩す傾向がありました。原因は水平テイクオフをしていなかったからなんだなって思いました。

水平テイクオフをするメリットは、

スポンサードリンク
  • 波のキャッチが早くなる
  • 立ち上がりやすい
  • テイクオフと同時にライディング姿勢になる

です。

下記に簡単に解説してみます。

波のキャッチが早くなる

サーフボードを水平にすると、波の巻き上げてくる力がサーフボードのテールにかかります。ノーズを下に向けるよりもサーフボードが滑りだすタイミングが早いというのが体感でわかると思います。

立ち上がりやすい

サーフボードが水平の方が、圧倒的に立ち上がりやすいです。サーフボードのノーズを下に向けてテイクオフするやり方だと、お尻を突き上げないと足が入りません。テイクオフ時からバランスを崩した体勢でテイクオフすることになります。

テイクオフと同時にライディング姿勢になる

ライディングする時は、基本的に後ろ足加重です。後ろ足を使ってスピードを出して、後ろ足を使ってターンします。

サーフボードが水平だと、後ろ足加重のライディング姿勢にしやすいのです。しかし、サーフボードのノーズを下げてテイクオフをすると、後ろ足のライディング姿勢にした時に、急激にノーズが浮いて、サーフボードがバタバタします。

サーフボードがバタバタしてるので、体勢を崩しやすく、ファーストターンを失敗してしまう傾向が多くなるので、水平テイクオフを心がけて後ろ足加重でライディングすることを心がけてください。

テイクオフ時の足の入れ方について

一度、テイクオフに悩みだすと、後ろ足からサーフボードに乗せた方がいいのか、前足と後ろ足を同時に着かなければならないのか、本当に悩みだすんですが、悩みが一気に解決する動画です。

水平テイクオフの仕方の動画だけでも、他にもいっぱい動画あるので参考にしたら絶対にサーフィンの上達のスピードが変わります。有料級の情報としては、「最初に漕ぎだす時のパドリング」とか「テイクオフ時の手のつく位置」とか無料で公開してる動画があるので絶対見た方がいいです。

【PR】サーフィン上達プログラム【ASPアジアチャンピオン・現役プロサーファー小川直久 監修】
スポンサードリンク

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA