河村カイサHow To テイクオフ サーフィンの基礎テイクオフに重要な2つのコツを水中スロー映像でわかりやすく説明

サーフィンを本格的に再開している吉田です。久しぶりにサーフィンを始めたらテイクオフが本当に苦痛になっています。

どのように苦痛かというとテイクオフ時に足がスッと入らなくて立てません。足を入れようとすると、お尻が上がってしまいます。

なんとか改善しようとテイクオフの陸トレもしていますが、実際に海に入ると、陸トレのように足が入りません。テイクオフが出来ないのでかなりフラストレーションがたまります。

河村カイサプロのテイクオフHow To

最近は、プロサーファーがサーフィンをYouTubeで教えてくれているので、大変助かります。いい時代になりました。

今回は河村カイサプロのテイクオフHow Toを参考にしていきます。

テイクオフに重要な2つのコツ

動画で河村プロが挙げている2つのコツが下記になります。

スポンサードリンク
  1. 体の軸がストリンガーの真ん中にくるようにパドリングを行う
  2. 後ろの足も引きつける

僕が気になったのが、2つ目の「後ろの足も引きつける」です。これはやってなかったと気がつきました。

後ろ足はなるべくデッキパッドのところにある方がいいのかなと思っていましたが、それが間違いだと思いました。

ちなみに下記のツイートは、僕のダメダメなテイクオフ画像です。

画像を見ると後ろ足を引きつけていないのが確認できます。

次回は前足と後ろ足を同時に引きつけてテイクオフしてみます。

スポンサードリンク

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。