スポンサードリンク

ノアコインをレジャーナノSに保管する際に、ICOで購入したノアコインと、上場してから購入したノアコインを分けて管理したいと思う方が多いと思います。

レジャーナノSを2本購入して、分散管理することが、リスク分散という観点から一番いいとは思いますが、今回はレジャーナノSが1本でも、ノアコインを分けて保管する方法について解説していきます。

スポンサードリンク


ノアコインを分散管理する必要性

レジャーナノSとマイイーサウォレット を連結した際に、5つのイーサリアムウォレットアドレスが表示されます。この5つのアドレスのうちどれか一つを指定してノアコインを送金します。

この機能を使用すれば、ノアコインを最大5つに分散して管理できます。

なんでこんなことをするのかとノアコインを持っていない方は不思議に思われるでしょうが、ICOで購入したノアコインは配当の権利があり、少しでもノアコインを送金して移動してしまうと配当の権利が失ってしまいます。

ですから、動かさないノアコインと使用していいノアコインに分ける必要があります。

もし、配当の権利があるノアコインと、使用していいノアコインを混ぜてしまった場合、間違ってノアコインを想定した金額より多く送金してしまって、配当分のノアコインを送金してしまったら、そこで配当の権利が失われます。

ですから、ノアコインは分散管理する必要があります。

スポンサードリンク


ノアコインを分散管理する方法

図解で解説します。ノアコインとマイイーサウォレット を連結すると下記の画面が表示されます。Your Addressが画面の下半分にあります。

スポンサードリンク

そこで5つのイーサリアムウォレットアドレスが選べるようになります。

この5つのイーサリアムウォレットアドレスを選択することにより、最大5つまでノアコインを分散して保管することができます。

今回は以上になります。

レジャーナノSとマイイーサウォレット の使い方は下記のリンクでご説明しています。

 

【PR】ノアコインをレジャーナノSに分散管理する方法

この記事の内容を解説している動画をUdemyで現在作成中です。こちらは有料となっています。もし操作方法に不安があるようでしたら、講座を購入していただけたら嬉しく思います。講座をご購入の方はサポートは無期限・無制限です。

スポンサードリンク


スポンサードリンク