スポンサードリンク

ノアプロジェクトのディレクターのクラーク・ロバートソンが久々に登場です。クラーク・ロバートソンはノアプロジェクトの二人しかいない初期メンバーの一人です。もう一人は女優のベア・サンティエゴです。

クラーク・ロバートソンといえば、ノアコイン公式動画で「仮想通貨は一獲千金のうまい話ではありません。そんな期待はしない事です。」という現実的な見解を述べていたのが印象に残ったのではないでしょうか。

ちなみに初期メンバーはこちら

そんなクラーク・ロバートソンが今回どのような見解を述べているのか非常に気になるところです。では原文を翻訳したものを下記に記します。

引用元:https://coingape.com/pr-blockchain-stop-migrant-worker-exploitation/

PR:Blockchainはどのようにして移住労働者の搾取を阻止できる

より良い、より尊厳のある人生を自分自身や家族のために探すためのある国から他の国への移住は、私たちの時代の最も一般的な人間の追求の一つです。世界では、法的な海外からの労働移民が劇的に増加しており、現在、発展途上国からやってきて2億5000万人の出稼ぎ労働者が先進国で働くために働いています。年間クロスボーダー送金額は6,000億米ドル以上に上りました。

出稼ぎ労働者は家に帰る家族の恩恵だけでなく、多くの発展途上国の場合には、彼らが家に送った現金は年間GDPのかなりの割合を占めています。例えば、フィリピンでは、GDPの10%以上(約300億米ドル)が海外の労働者から来ています。このようなグローバル化されたマクロ経済現象は、人類史上前例のないものです。

スポンサードリンク


労働者の移動は世界経済にとって大きな関心事です。しかし皮肉なことに、最大の移住労働者人口を抱える受入国における既存の採用システムは非効率的であり、虐待を受ける可能性があり、多くの専ら紙ベースのステップを伴う。

第三者機関やその他の仲介業者は、紙の文書や、政府が労働者の入国を承認するために使用する中央データベースを容易に改ざんします。彼らの目標はしばしば移民からお金を強要し、さらには肉体的虐待や彼らを奴隷化することです。

移住労働者の熟練度が低いほど、汚職が海外で働くための彼らの採用に役割を果たす可能性が高くなります。

例えば、建設現場の労働者は海外で働く機会を得るために賄賂を要求している求人機関からの搾取に直面しています。エージェントに支払うために、移住者は通常彼らの先祖の土地を含むすべての彼らの持ち物を売却するか、あるいは彼らが稼ぎ始める前に銀行ローンを取り出すでしょう。彼らが働き始めたら、病気になったり、けがをしたり、会社が解雇したりしても、借金以外は何もありません。

また、搾取は、移住労働者が自国で1つの契約に署名するが、彼らが職場に到着したときに別の契約を見つけるという雇用主からの雇用契約の代替から始まります。これらの労働者が署名することを強制されることがある雇用契約は違法であり、彼らの基本的人権についての考慮が欠けています。

今日の状況は容認できないものであり、多くの国々は異なることをする必要性を認識しています。結局のところ、移住労働者に大きく依存している国の政府が違法行為を排除しなければ、労働者が搾取され、虐待され、または投獄されて受け入れ国に経済的負担がかかると、結局もっと費用がかかる。

ブロックチェーン技術はこれらの問題をどのように解決できるでしょうか。

技術的な解決策が手元にあります – ブロックチェーン。この改ざん防止元帳は本質的に信頼を自動化します。これはまさにここで必要とされるものです。

スポンサードリンク

受入国政府機関と移民労働者出身国政府の間には信頼が欠けている。採用担当者と雇用主の間、および合法的移住プロセスに参加しているほとんどすべての参加者の間では欠けています。

現在の移住労働者募集システムは、アイデンティティと取引を検証するために人的労働、または第三者機関を使用することによってこれを手動で解決しようとします。これらのエージェントは、汚職や搾取的行為がシステムに侵入するノードです。

代わりに、ブロックチェーンでピアツーピア検証を使用することで、情報がリアルタイムで共有されます。つまり、1人の参加者が異なるバージョンの元帳を持つことはできません。これにより、共謀または不正行為の可能性が排除されます。

分散元帳のノードには、出身国と受入国の政府機関、雇用候補者、雇用主、採用機関、およびNGOなどがあります。採用の各ステップは、各当事者が取引に署名して確認した場合にのみ元帳で更新されます。

スポンサードリンク


もう1つの重要なステップは、雇用契約の全当事者の身元の保管と検証です。各労働者の暗号化されたプロファイルは、その職歴と経済的アイデンティティを含めて元帳に保存されます。

多くの移住労働者は自分の信用や雇用歴を築く機会がなかったであろうし、そのようなデータプロファイルは彼らの将来の生活にとって重要である。

雇用主はまた、正式な評価と監査の結果と同様に、労働者からのレビューとフィードバックによってプロファイルされます。求人機関はまた、必要なスキルと経験を持つ登録済み候補者に関するデータにアクセスすることも可能になります。

給与振替の合理化

次のステップは、契約上合意された条件に従って給与が雇用主によって支払われ、違法な控除が行われないようにするために、雇用契約および労働者のアイデンティティを給与支払いと統合することです。

家への給料の送金も、もう1つの問題点です。ここでも、ブロックチェーン技術は移民労働者が家族にお金を送ることをはるかに安く、効率的にそして速くすることができます。採用プラットフォームを給与支払いと統合することで、送金スペースでブロックチェーンベースのソリューションプロバイダーとのパートナーシップが可能になります。

アジアのFintech企業は、低価格のブロックチェーンベースの送金システムを積極的に開発しています。そのような一流企業の1つが、独自のトークンに基づいて日本からフィリピンへの送金を合理化するノアプロジェクトです。

ブロックチェーンでは、送信者と受信者の両方がお金を追跡し、資金が目的地に到達したかどうかを正確に知ることができます。

結論

ブロックチェーン技術は信頼を広めるための正しいツールであり、何百万もの人々の生活に永続的な影響を与えるためにそれを使用しなければなりません。

Clarke Robertsonは、ValueCommerce(日本)のインフラストラクチャのCTO、元副社長であり、WME Limitedの共同創設者兼CEOでもあります。

スポンサードリンク


 

スポンサードリンク