Our story

What we do

Featured works

The minds

Talk to us

スポンサードリンク

格安SIMとは何か

格安SIMとは、その名の通り通信料が格安で利用できるSIMカードのことを指します。主にMVNO(仮想移動体通信事業者)が提供しており、大手キャリアの回線を借りて高品質な通信を安価に利用できるのが特長です。契約形態も様々で、データ通信専用のものから音声通話も可能なものまで幅広く選ぶことが可能です。

格安SIMの基本的な定義

格安SIMとは、通常、大手キャリアよりも安価な通信料金を提供するSIMカードのことを指します。この格安SIMは、NTTドコモ、au、ソフトバンクといった大手キャリアの通信回線を借りてサービスを提供しているMVNOと呼ばれる企業が発行しております。

MVNOは大手キャリアの余剰回線を借りて、自社のサービスを提供します。そのため、利用者は大手キャリアと同等の通信品質を、より安価に利用することができるのです。なお、大手キャリアと比べると、サポート体制や端末の選択肢が限られるというデメリットも存在します。

格安SIMの使い方

格安SIMの使い方は、基本的には大手キャリアのSIMカードと同様です。まず、MVNOからSIMカードを購入し、自分のスマートフォンに挿入します。そして、通信プランを選んで契約を結んだら使用開始です。MVNOによっては、自分の使い方に合わせて通信量を選べたり、音声通話オプションを付けることが可能です。

また、格安SIMを利用する場合はSIMフリーのスマートフォンが必要となります。SIMカードとスマートフォンが互換性を持つことで初めて動作するのです。SIMフリーのスマートフォンは、どのキャリアのSIMカードでも利用可能なので、自由にプランを選ぶことができます。

格安SIMとキャリアSIMとの違い

格安SIMとキャリアSIMとの最大の違いは、提供している企業と利用料金でしょう。キャリアSIMは通信会社が直接提供するため、品質やサービス面での安定性は確保されています。その一方で、料金は比較的高めで、契約期間や違約金などの拘束力が強いのが特徴です。

一方、格安SIMはMVNOが提供するため、料金は大幅に安く設定されています。しかし、その分、通信速度が大手キャリアに比べて遅くなることや、通信回線の混雑具合によっては通信ができない時間帯が出てくるなどのデメリットもあります。それぞれのSIMには利点と欠点があり、自分のライフスタイルや利用状況に合わせて最適なSIMを選ぶことが大切です。

格安SIMのメリット

格安SIMには、多くの魅力があります。主にその利点と言えば、コストの削減、豊富なプラン選択肢、自由なキャリア選択などが挙げられます。スマートフォンなどの端末利用者にとって、月々の通信費を大幅に抑えられることで、家計の節約にも寄与する一方、自分のライフスタイルに最適なプランを選べる自由さも魅力の一つと言えます。また、キャリアの選択も自由なので、その都度最適な通信環境を手に入れられます。これらの利点から、格安SIMは今後ますます利用者を増やしていきそうです。

コストの削減

格安SIMの一番の魅力であるコストの削減について詳しく見ていきましょう。大手キャリアと比べて、月額料金が大幅に安くなるのが格安SIMの最大の利点であり、その差はしばしば数千円程度と言われます。家計を圧迫しがちなスマートフォンの通信料金を抑えることで、その分他の生活費に充てることが可能になります。また、必要なデータ通信量に応じてプランを選べるため、無駄なコストを削減することも可能です。例えば、主に家でWi-Fiを使用し、外出時のデータ通信量が少ない人は、少ないデータ通信量のプランを選べばさらなる節約ができるでしょう。

豊富なプラン選択肢

次に、格安SIMのもう一つの魅力である豊富なプラン選択肢について説明します。格安SIMには、データ通信量や通話サービス、海外での利用など、多様なニーズに応えるためのプランが用意されています。通信量が多い人向けのプラン、通話が多い人向けのプラン、SMS機能付きのプラン等、自分にぴったりのプランを選べることで、無駄なサービスにお金を支払うことなく、自分だけの最適な通信環境を設定することができます。これらの選択肢の豊富さが、多種多様なライフスタイルをもつ利用者にとって、非常に魅力的であると言えるでしょう。

自由なキャリア選択

最後に、格安SIMならではの自由なキャリア選択のメリットについて解説します。一般的に大手キャリアは2年契約が主流となっており、その間は解約にペナルティがあるため、通信状況やサービスの満足度に関わらず途中でキャリア変更をすることは難しい状況です。しかし、格安SIMでは、それらの縛りが少なく、通信環境や料金、サービス内容に不満があれば、自由にキャリアを変えることができます。これにより、利用者は自由に、いつでも最適な通信環境を求めて動けるのです。この利点により格安SIMは、多くのスマホユーザーから支持を受けています。

 

格安SIMのデメリット・注意点

格安SIMが普及する一方で、そのデメリットや注意が必要な点についても理解していく必要があります。格安SIMが持つ魅力は、その名の通り価格の安さや選択肢の多さにありますが、その反面不便な点や満足度を下げる可能性がある要素も存在するのです。一概に良い・悪いを決めつけるのではなく、自分のライフスタイルや通信環境に合わせて最適な選択をするためには、デメリットとなる部分もきちんと理解していきましょう。

速度制限の問題

格安SIMの最も懸念されるデメリットの一つが速度制限です。大手キャリアに比べて格安SIMは通信速度が遅いというイメージがあるのです。その原因は、データ通信量が一定数を超えた場合や混雑時、あるいは一部のプランでは常時速度が制限されていることがあります。ほとんどの利用者にとって、スマートフォンやタブレットは日常生活の一部となっており、スムーズな通信が求められています。それが制限されてしまうと、ストレスを感じることもあるでしょう。事前にどの程度の速度制限がかかるのか、具体的な数値で確認しておくことをおすすめします。

エリアのカバー範囲

格安SIMのもう一つの問題点として挙げられるのがエリアのカバー範囲です。大手キャリアは全国どこでも安定した通信品質を提供していますが、格安SIMは提供エリアが限定されてしまうことがあります。特に地方や山間部などでは通信環境が悪くなることも珍しくありません。また、海外での利用についても確認が必要で、対応していない格安SIMも存在します。通信環境は自身のライフスタイルに直結する問題であるため、契約前にはカバーエリアを確認し、自分の生活圏内で通信できるかどうかを確かめておく必要があります。

サポートの種類

格安SIMは、その料金体系から考えても明らかなように、大手キャリアに比べてサービス面での手厚さや充実度は劣ることが多いのが現状です。特に、問題が発生した際のサポートが充実していないことが多くなります。大手キャリアでは24時間対応のコールセンターや店舗での窓口対応が行われていますが、格安SIMではこれらが限定的であることも。緊急時にサポートを受けられないというリスクも考慮に入れるべきでしょう。そのため、格安SIMを選択する際には、サポートの種類や対応時間、レビューや評価などをきちんと確認しながら自分のライフスタイルに合ったSIMを選ぶことが大切です。

 

有名格安SIM会社とその特徴

我々の生活に欠かせないモバイル通信。日本には多数の格安SIM会社があるのですが、その中でも特に知名度の高い「楽天モバイル」、「mineo(マイネオ)」、「UQモバイル」の3社をピックアップし、それぞれの特徴を解説していきます。これらの会社は格安SIMという共通点を持ちつつも、何がどのように違うのかの具体的な特徴を理解していただくことで、皆様の適切なサービス選びをサポートすることが可能でしょう。

楽天モバイル

楽天モバイルは、ECサイトで有名な楽天グループが提供する格安SIMサービスです。特長は何と言っても自社網による高速通信環境があげられます。他の格安SIMでは指摘されがちな速度低下の問題を抑えつつ、規定のデータ容量内であればどれだけ使っても料金が変わらない定額制が魅力となります。さらに楽天市場でのお買い物でポイントが貯まり、それを通信料金の支払いに使えるというメリットもあります。加えて、楽天モバイルユーザー同士は通話料金が無料になる仕組みもあります。

mineo

mineo(マイネオ)は、主に若年層から支持を基盤に成長した格安SIM会社です。唯一無二の特長としては、「デュアルタイプ」と名付けられたサービスが挙げられます。これは、同じSIMカード一枚で、au網とドコモ網の二つを自由に切り替えられるという画期的な制度です。ユーザーは、自分の居場所に応じて最も良好な通信環境を選択できるため、電波状況によるストレスを軽減することが可能となります。また、顧客対応の丁寧さや非通知での着信拒否といったセキュリティ機能もmineoの魅力となっています。

UQモバイル

UQモバイルは、auの系列会社が運営する格安SIM会社であり、auの強力なネットワークを活用しています。auのエリア内であれば、通常のauと同じく、安定した通信環境を享受できるのが一つの大きな特長です。また制度上、2年契約で端末を購入する際には分割払いが可能で、これは他社の格安SIMにはない特長なのです。しかも、2年契約終了時には新端末への乗り換えもスムーズに行えるため、新機種への切り替えをこまめに行いたい利用者にとっては大きなメリットとなります。

格安SIMの選定方法

格安SIMという用語を耳にしたことはあるでしょうか。これは、あらゆるスマートフォンやタブレットでインターネットを利用するのに必要なSIMカードを、通常よりも安価に提供するサービスのことを指します。スマートフォンの利用負担を減らすためには、格安SIMの選定が必須となるのです。しかし、どの格安SIMを選べばよいのか迷うことも多いでしょう。そのため、以下では格安SIMの選定方法を3つのステップ、つまり通信量の見積もり方法、必要エリアの確認方法、プラン比較の手順に分けて詳しく解説していきます。

スポンサードリンク

通信量の見積もり方法

自分が普段どれくらいのデータ通信を使うのか把握するために、まずは通信量の見積もりを行いましょう。通信量はスマートフォンの設定画面から確認できます。一般的には、「設定」→「データ使用量」の順にたどると該当する項目が見つかります。これを月単位で見積もることで、自分に合ったプランを見つける一助になります。

また、SNSや動画視聴、音楽ストリーミングなど、どのアプリをどれくらい利用するのかも把握しておくといいでしょう。これらのアプリはデータ通信量を大幅に消費しますので、見積もりには欠かせません。ここではあえて手持ちのスマートフォンを使わない日を設定し、その日の通信量を0にすることもおすすめします。どの程度通信量を抑えられるかを確認することで、無駄なデータ通信を削減できる可能性があるからです。

必要エリアの確認方法

次に確認するべきポイントは、通常利用するエリアでの通信環境です。格安SIMの提供会社により、エリアや建物内での電波の入り具合が異なるため、自分が普段使用する場所でしっかりと通信ができるか確認することが重要となります。

まず、格安SIMの公式サイト等でエリアマップを確認しましょう。これを元に自宅、職場、通学路、趣味の場所など頻繁に利用する場所での通信状況を把握します。しかし、これらの情報はあくまで目安なので、詳しい状況を知るためには実際に試すのがベストです。これには、試用キットを利用する方法があります。試用キットを利用すれば、具体的な通信状況を把握することができ、より適切な選択が可能となります。

プラン比較の手順

これまでの通信量の見積もりとエリア確認を元に、いよいよ格安SIMのプランを比較していきましょう。各社の公式サイトを活用し、自分の通信量やエリア、希望する料金などに応じたプランがないかを探します。

価格はもちろんですが、データ通信速度や付帯サービスなども比較したいポイントです。例えば、最初から大きなデータ容量を持つプランがあれば、月中にデータを追加する手間が省けます。また、通話放題や無料Wi-Fiスポットの使用など、付帯サービスも各社さまざまなので、自分のライフスタイルに合わせて選ぶことが大切です。この選定過程で、自分にとってベストな格安SIMを見つけることができるでしょう。

格安SIMの設定方法

最近では、高額な携帯料金に悩む人々の救世主とも言われている格安SIM。しかし、「自分で設定をしなければならない」という点にこそ、多くの人々が抵抗感を覚えているのではないでしょうか。しかし、格安SIMの設定は難しいものではありません。一般的なスマートフォンに対応しており、基本的には組み込むだけで使えるものばかりです。また、格安SIMにはキャリアのような縛りが無いため、自分のライフスタイルに合わせてプランを選ぶことが可能となります。

APN設定方法

格安SIMを使うためには、最初に行わなければならない設定が「APN設定」です。APNとはAccess Point Nameの略で、インターネットにつなぐための門番のようなものです。「設定」→「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名」の順にタップした後、新規作成を選択します。ここへ提供元から通知された、APN、ユーザ名、パスワードを入力します。各項目を正確に入力し、「保存」をタップすればAPN設定は完了です。間違いがあるとデータ通信ができませんので、注意が必要です。

トラブルシューティング

格安SIMでトラブルが起きたとき、最初に試すべきは「再起動」です。端末の一時的なエラーであることが多く、その場合は再起動で解決することがあります。それでも解消しない場合は、設定が間違っている可能性があります。APN設定を再度確認しましょう。まだ解消しない場合、SIMカードそのものが原因かもしれません。「SIMカードの抜き差し」を試すことをおすすめします。それでも改善しない場合は、プロバイダのサポートに問い合わせることをおすすめします。

データ通信の節約術

格安SIMは安価な代わりに、データ通信量が限られていることが多いです。その節約のためには数つの方法があります。何より大切なのは、「Wi-Fi」を可能な限り活用することです。自宅や職場など、Wi-Fiが利用できる環境であれば、データ通信を節約することができます。また、不要なアプリの「バックグラウンド更新」をオフにすることも有効な方法です。「設定」→「一般」→「バックグラウンドアプリ更新」から無駄なアプリの更新を停止することができます。

格安SIMの最新情報

格安SIMについての最新情報を提供します。これらの情報は、新しいプランや新規制・施策の影響を概説し、格安SIMの市場動向を調査します。多種多様なプランと新しい便利な機能が頻繁に登場し、格安SIMはますます多様化していきます。SIMカードの選び方は、個々のライフスタイルや使用目的によって異なりますので、自分に合った最適なプランを選びましょう。

新プランの紹介

最近、各通信会社は様々な新プランを次々と導入してきています。例えば、無制限データ通信プランでは、特定のアプリ利用時に通信量がカウントされない特典を提供していたりします。これにより、データを気にせずに使えるので、動画視聴やオンラインゲームに最適なプランが増えてきています。また、くりこしデータが可能なプランもあり、使い切らなかったデータ容量が次の月に持ち越せるようになります。これらは消費者の使いやすさを考慮して作られたプランであることは間違いありません。

新規制・施策の影響

新たな規制や施策は、格安SIMの市場に大きな影響を与えます。通信業界においては、総務省が値下げを推進してきている背景から、各社はより低価格なプランの開発に力を入れています。その一方で、圧倒的なデータ速度と大容量を実現する5Gの導入によって、通信料金の見直しも進められています。これに伴い、一部の格安SIMも5Gに対応し始めており、新たなプランが次々と生まれてきています。

格安SIMの未来動向

格安SIMの未来動向を捉えるためには、5Gの普及という大きな流れを無視するわけにはいきません。次世代通信規格である5Gは、高速・大容量・低遅延な通信を可能にし、これまで通信速度やデータ容量の制約で困難であった通信環境を改善するでしょう。この5G普及に伴い、格安SIMのプランもさらに多様化し、より多くのニーズに対応することが期待されています。技術が進化するほど、ユーザーの選択肢も広がっていきますので、私たちはこれからの格安SIMの進化に注目していきましょう。

格安SIMユーザー体験談

格安SIMという言葉を初めて聞いたとき、一体どれほどの価値があるのだろうと考え、いくつかの格安SIMを試してみることにしました。その結果、驚愕の結論に達しました。それは、格安SIMの利用は、私たちのライフスタイルを飛躍的に改善する可能性を秘めているということです。

割引キャンペーン体験談

いつも気になるのが、オペレーターから提供される割引キャンペーンの内容ですよね。特に、初回の契約時に用意されるキャンペーンは見逃せません。私自身、割引キャンペーンのおかげで、本当にリーズナブルな価格で格安SIMを利用することができました。さらに、家族全員での契約なら一層の割引があるというのも魅力的です。しかし、ただ安いだけではなく、その後のサービス内容も重要です。キャンペーン期間が終わった後も、その価格で満足のいくサービスが利用できるかどうか。これを見極めることも大切なのです。

顧客サポートの評価

もちろん、格安SIMを選ぶうえで大切なのは、顧客サポートの質です。私が契約した時には、全ての操作がスムーズに進むわけではありませんでした。それでも、専門的な知識を持った顧客サポートが頼りになり、何度も問い合わせて通信設定などを行いました。何度も助けてもらった経験から、顧客サポートの存在は非常に重要なものだと感じています。格安SIMを検討する方には、顧客サポートの有無もチェックして頂きたいと思います。

速度体感・エリア体感報告

最後に、実際の速度体感とエリア状況を報告します。私自身、都心部のオフィスで働いているので通信状態は非常に良好ですが、地方でも十分な通信速度を得ることができました。特にストリーミングサービスをよく使う私にとっては、この高速通信は生活の質を向上させる要素の一つです。エリアについても、訪れた都市のほとんどで問題なく通信できましたので、エリアカバー率の高さも評価しています。これが格安SIMの魅力なのではないでしょうか。

スポンサードリンク