スポンサードリンク

こんにちは(@keitayoshida)です。

アゼルバイジャンの暗号通貨交換事業者「CROSS exchange」にシンガポール企業「LIBERTY ECOSYSTEM Pte Ltd」のLIBERTY(LES)が上場するということで、「LIBERTY ECOSYSTEM Pte Ltd」に関連する記事を集めてみました。

LIBERTY(以下、リバティ)に関する情報はほとんどないので、今回紹介している記事は大変貴重だと思いますので、参考にしてくれたら嬉しく思います。

ちなみにリバティが上場するクロスエクスチェンジは、大変使い易いので、この機会に新規口座開設して、使い方をマスターしとくと、いざ取引する時に安心だと思います。クロスエクスチェンジの使い方を動画で解説しています。

当社海外子会社がブロックチェーン導入の戦略設計と開発を受託

日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」を運営する株式会社オウケイウェイヴ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 松田 元)の海外子会社でブロックチェーン導入支援を手がけるOKfinc LTD.(本社:マレーシア連邦ラブアン、CEO:松田 元、以下、OKfinc)ならびに同社子会社でブロックチェーン開発を行う当社孫会社OK BLOCKCHAIN CENTRE SDN. BHD.(本社:マレーシア連邦ジョホール州、CEO:松田 元、以下、OBC)は、シンガポール企業LIBERTY ECOSYSTEM Pte Ltd(業務執行役員/Managing Director:YASU KIKUTA、以下、LES社)から、ブロックチェーン導入に関する戦略設計とシステム開発を受託しました。

引用:https://www.okwave.co.jp/press/20181018/

スポンサードリンク


 

ACU(アメリカ保守連合)がWowooプラットフォーム内のSACを採用

Liberty Ecosystem(LES)プロジェクトは、ACU(アメリカ保守連合)と連携し、世界の保守政治家の政策提言や議会での投票行動への評価と支援をブロックチェーンとトークンを用いて行います。独自トークンは支援者が保守政治家の保守度合いの格付けならびに支援のために用いることができるものとなる予定となっており、この開発にはSACが重要な要素の一つとして挙げられています。

引用:https://venturetimes.jp/cryptocurrency/coin/wowbit/39831.html

Libertyが国政とブロックチェーンの統合を目指していることから、アメリカ保守連合(ACU)と連携してWowooプラットフォームを採用したことが発表されました。

WowooのSAC(Smart Active Control)システムが、このEcosystemに使われるようです。SACとはプラットフォーム内で新しいトークンを設計するための仕組みであり、プロジェクト毎に自由にトークンの特徴を決めることができます。

この仕組みを使うことによって、Liberty内のプロジェクトを運営していくようです。

引用:https://coinmarket.media/coin/liberty_les/

スポンサードリンク


 

第373回:灼熱上げを予定していた暗号通貨に、冷や水をかぶせたBCHのハードフォーク

の母体である 米政府そして米当局と連携し の思想を伝える )の皆様の情熱と本気度はかなり世界各国に伝わっており、これは相当な歴史残るレベルのトークンになる予感

引用:https://note.mu/gen_matsuda/n/n164dcb15f3f3

【情報量日本一位】Wowbit(ワオビット)徹底調査(1月23日更新)

ACU協力の下で、Liberty Ecosystem Pte. Ltd.(シンガポール)のLiberty Ecosystem(LES)プロジェクトがWowooプラットフォームを使用することが確定しました。

Liberty Ecosystem(LES)プロジェクトは、ACUと提携し、世界の保守政治家の政策提言や議会での投票行動への評価と支援を、ブロックチェーンとトークンを用いることにより達成しようとしています。

スポンサードリンク

Wowooプラットフォームの登録、およびSACシステムの利用には、Wowbit Classicを手数料として支払う必要があります。今後、このようにSACを必要とするプロジェクトが増加していくことで、WWBCの需要も増えていくでしょう。

このニュースが発表されてから、wowbitの値段が大幅に上がり続けています。10/15の時のwowbitの値段は約1.5円ほどでしたが10/25日現在の値段は約6円と4倍に値を上げています。

そのほかにも、セキュリティトークンの発行や独自ブロックチェーンの開発も視野に入れている、マレーシア工科大学やアメリカ共和党最大支持団体ACUなど、政府との繋がりが深いプロジェクトとも連携していくことが決まっているようです。

引用:https://coin-otaku.com/topic/22499

スポンサードリンク


 

Liberty(リバティ)が上場するクロスエクスチェンジ

リバティトークンはクロスエクスチェンジで取り扱いを近々開始します。リバティトークンホルダーにはクロスエクスチェンジをぜひ使って欲しいと思います。

CROSSexchangeはセキュリティが高い

ちなみに、クロスエクスチェンジのセキュリティは非常に高いです。その説明はWowooに掲載されています。

引用元:https://blog.wowoonet.com/2019/02/28/listing-of-les/

CPACでの発表に先立ち、Liberty Ecosystemによって生成されたオリジナルのトークンLiberty EcoToken(LES)が、2月28日のUTC 4:00にCROSS取引所に上場されることを発表することを非常に楽しみにしています。

CROSS exchangeは、アゼルバイジャンの暗号通貨交換事業者であり、ユーザー資産のセキュリティを最大限に高めるために、多層ファイアウォール、マルチ署名、およびコールドウォレットおよびホットウォレットの隔離手順を使用して安全性を最優先しています。

彼らの個人的な財布口座の各収入と支出項目とすべての取引記録は尋ねられることができます、そして、異なるレベルの口座セキュリティ保護は個々の要求に従って選択可能です。

また、CROSS交換時にメモリカップリングアルゴリズムを採用することで、1秒間に最大200万トランザクションの処理が可能です。

まもなくLESのAirdropキャンペーンが行われるでしょう。 詳細はそれに応じてWowooとLiberty Ecosystemを通して発表されます。

クロスエクスチェンジは使い易いのでお勧めです!

ぜひクロスエクスチェンジを使ってもらえると嬉しいです。下記のリンクはクロスエクスチェンジ公式サイトになります。登録してくれたら大変嬉しいです。

関連記事

LIBERTY(LES)がCROSSexchange(クロスエクスチェンジ)に上場!Liberty Ecosystem(リバティトークン)とは

LIBERTY(LES)とWowoo(WWB)がCROSSexchange(クロスエクスチェンジ)に上場!

公式情報

Libertyホワイトペーパー
http://www.libertyecosystem.com
公式Twitter
https://twitter.com/libertyecosys
公式Facebook
https://www.facebook.com/pages/category/Political-Organization/Liberty-Ecosystem-248916135972818/
公式wowooブログ
https://blog.wowoonet.com/2018/11/02/about-liberty-ecosystem/

スポンサードリンク