確実に女性にモテる会話術

スポンサードリンク

女性は会話を大事にする生き物

あなたが女性からモテたいと思うならば、女性が「もっと沢山話したいなとかぁ」とか「もっと会ってみたいなぁ」と思わせる会話ができるようになる必要があります。

なぜなら、女性は会話を大事にする生き物だからです。

一度目のデートはできるけど、二度目のデートができないという男性は、デートで会話がつまらないなと思われている可能性が高いですし、そもそもデートができない場合が多いならば、これまでの会話を絶対に見直す必要があります。

まずは、どんな会話が女性ウケがいいのか、女性の意見を聞くことが確実だと思います。

女性が考えるモテる会話の定義も人それぞれです。結局のところ会話で相手がどういうことを言えば好感が上がるのかを、会話を通して知る必要があります。

ですから会話を勉強することが必要になります。

気になる子に絶対聞くべき質問

とはいえ、会話が得意でない男子は、一体何を話していいのかわからないと思います。スポーツは何度も何度も練習して上手くなりますが、会話も全く同じで、練習することによって上手くなります。

ただ会話を練習しようにも、何を喋っていいかわからないと思います。

まずは、会話の上手い方の会話方法を真似てみてください。

会話をする上でやめた方がいい面接型の質問

例えば、好きなタイプは?とか血液型は?とかです。20個ぐらい質問したら、質問するネタも尽きてしまうので、間が持ちませんし、質問を受けた相手は尋問を受けたような感じになって面白くありません。

でもこの質問の仕方ってやりがちです。質問する時は聞き方を変えてみてください。

下記の動画でその方法が解説されています。

女性のコミュニーケーションを行う

女性と何を話していいかわからない男性は凄い多いと思います。モテるには男性のコミュニケーションではなく、女性のコミュニケーションを意図的に行う必要があります。

では、一体何を話せばいいのか?

下記の動画で解説しています。

男性は中身のあるコミュニケーションを好みます。

スポンサードリンク

男性と女性のコミュニケーション方法は本能レベルで違うので、男性が気持ち良く話しているけど、女性はつまらなそうにしていることが本当に多いです。

女性は喋ることで楽しくなる傾向があるので、なんでも喋れるような関係を築くことが重要になります。

IF文を使う

会話にいまいち盛り上がりがないなと感じた場合、もしも(IF文)を使うとすぐに女性との会話が弾みます。

具体的な質問例
・もし、無人島で一回だけAmazon使えるとしたら何を頼む?
・もしも、俺とお前が入れ替わったら何する?

上記の会話を想像しただけで、楽しい会話が出来そうですよね。

しかし、ここで注意点ですが質問の内容は相手の会話が弾みやすいお題を用意する必要があります。

例えばアニメを見ない女性に、異世界召喚したら何になりたい?

賢者?勇者?そうだなぁ俺はやっぱりスライムだな。

なんて言ったら、ドン引きするだろう。

会話の話題はなんでもいいのですが、相手の女性が一番食いつきの良い話題が何かを探る為の会話が必要です。

一撃で会話を盛り上げる秘密兵器は何個も持っておくと安心

車でデートとしていると最初は会話が弾んで楽しい雰囲気で過ごしていたけど、最後の方は会話がなくなり気まずい雰囲気になることが、しばしばありますよね。苦し紛れの寝たふりで誤魔化したりします。

そんな時に投入できる会話のネタがあるとかなり重宝します。

上記で述べた無人島のAmazonネタは、今度使ってみたくなりますよね。

会話に困ったときの、切り札となる引き出しは多いほうがいいですから、他の人の鉄板ネタをいっぱい仕入れておいてください。

会話力とは


女性と会話する時は、相手の好意によって会話する内容を変えていく必要があります。恋愛テクニックを駆使したトークは相手が自分に好意があるからこそ有効です。

恋愛テクニックを駆使しても上手くいかないのは、相手にその気がないのに、男性が一人で勘違いして、恋愛テクニック通りの会話をしているということになります。

2回目のデートができないなとか、女性とそもそも何を話していいのか全然わからないという方は、下記のバナーの会話方法を検討してみて欲しいです。

恋愛が上手くいかないなぁと思っている方は、基本的なコミュニケーションをとるところから勉強してみるのもいいかもしれません。

The following two tabs change content below.
自然で遊ぶことが大好きなサーファーです。 ウェブメディア事業を行なっています。個人の時代で頑張るあなたをインターネットの力で応援します٩( 'ω' )و 夢は自然栽培による無農薬野菜を全世界に普及させていくこと。
スポンサードリンク

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA