スポンサードリンク

アゼルバイジャンの取引所トークン「XEX」を購入して、資金が10倍になった(@keitayoshida)です。現在含み益で140万円です。あくまでも含み益なので、暴落しないことを心から祈るばかりです。

さて今回もクロスエクスチェンジに上場するリバティの最新ニュースを追っていきたいと思います。今回は、OKWAVEの松田社長がシェアした記事を翻訳していきたいと思います。

スポンサードリンク


引用元:https://bitcoinexchangeguide.com/asia-pacific-conservative-union-launches-blockchain-based-liberty-ecosystem-and-crypto-tokens/

アジア太平洋保守連合ブロックチェーンベースのLiberty EcosystemとCrypto Tokenを発表

アジア太平洋保守組合(APCU)は、世界中の権威主義と闘うために特別に設計された、新しいブロックチェーンベースのネットワークを立ち上げました。新しいプラットフォームはLiberty Ecosystemと呼ばれ、その情報はAPCUによって最近のプレスリリースで発表されました。

具体的には、APCUの 2人の幹部がこの新しいプラットフォームの立ち上げを決定しました。APCUの共同創設者であるJikido“ Jay” AebaとYasu KikutaはCEOです。プレスリリースによると、その意図は、世界中の権威主義との闘いを目的とした地方の擁護団体と経済開発団体の分散した連合を持つことです。それにもかかわらず、アジア太平洋地域で特別な焦点があるでしょう。

スポンサードリンク


発表は、他の国の政治的主権に対する支配を主張することを意図して世界中のインフラに投資する中国のような政府があることを説明している。彼らは、スリランカ、インドネシア、日本など、影響を受けているいくつかの国について言及しています。

このブロックチェーンネットワークに電力を供給するために、ユーザーは権威主義と闘っている組織に権限を与えるために共有コミュニティを作成するLiberty Tokensを使用します。さらに、このイニシアチブはすでにトークンエコシステムWowooを含む他の企業と提携しています。

スポンサードリンク

これは世界中の権威主義との闘いを目的とした最初のプロジェクトではありません。民主主義地球はまた人々が彼らが気にする問題に投票し、他の個人に決定する力を委任するための流動的な民主主義を提案しています。

Democracy Earthは、流動性への普遍的なアクセスを提供するために使用されることになるVOTEと呼ばれるERC-20トークンと連携します。このプロジェクトの支持者の中には、特異点大学、世界経済フォーラム(WEF)、MITテクノロジーレビューなどがあります。

ツイッターの反応

スポンサードリンク


リバティトークンはクロスエクスチェンジに上場予定です。下記のリンク先でクロスエクスチェンジの使い方を動画と図解で解説しています。

 

関連記事

Liberty Ecosystem(リバティトークン)とは?リバティトークンがCROSSexchangeに上場!

LIBERTY(LES)がCROSSexchange(クロスエクスチェンジ)に上場!Liberty Ecosystem(リバティトークン)とは

スポンサードリンク