クロスエクスチェンジにFX機能が搭載予定【どんな感じになる!?】

スポンサードリンク

こんにちは。
えみ@脱ぐフルエンサーです!

 

いま暗号資産界隈で話題になっているCROSS exchange(クロスエクスチェンジ)

当サイトでも度々紹介されていますので、もうご存知の方は多いハズ。

そのCROSS exchange(クロスエクスチェンジ)にて近々、FX機能が搭載される事になりました。

実際どのような仕組みになるのか、さくっと分かりやすく説明していきます!

 

FXとはそもそもどういう仕組み?

FX(Foreign Exchange)とは外国為替証拠金取引の略です。

仕組みはいわゆる「てこの原理」を利用した取引です。

つまり、少額の資金で大きな金額の取引を行う事ができる取引です。

ドル円で説明しましょう。

現在(5月6日現在)1ドル約110円で推移しています。

10,000ドル購入した場合、日本円で110万円(110円×10,000)掛かります。

一方FX取引では、110万円より少額の資金で取引ができます。

少額の資金とは、レバレッジによって変わります。

 

レバレッジとは?

レバレッジ(leverage)とは日本語で「てこの作用」という意味です。

FXでのレバレッジとは簡単に言うと「少ないお金を担保に大きなお金を借りる」というイメージでよいかと思います。

そしてFXのレバレッジは1倍~最大25倍までと決められています。

レバレッジ1倍とは、110万円のお金を110万円で取引するという意味合いです。

普段の生活ではこのレバレッジ1倍で暮らしていると言えます。

ではレバレッジ2倍とはどういう状況かというと、110万円のお金を55万円で取引するという意味になります。

つまり、本来必要なお金の2分の1でOK!という事です。

この理屈でいうと、レバレッジ5倍は22万円の取引、10倍は11万円の取引となります。

そしてレバレッジ25倍だと44,000円の取引となります。

(※FXのレバレッジは最大25倍までと法律で決まっています。)

凄いですよね。たった44,000円で110万円の取引ができるわけです。

ただし、いい話ばかりではなくデメリットもあります。

 

レバレッジのデメリット

レバレッジのメリットは「資金効率の良さ」という事は分かっていただけたかと思います。

ではデメリットはどういったものがあるのでしょうか。

結論をいうと「ハイリスク」という事です。

たとえばレバレッジ25倍で取引をした例で説明しましょう。

ドル円が1ドル110円のとき10,000ドルを購入する場合、44,000円の日本円が必要ですよね。

そして1ドル110円が109円に下落した場合、元手の44,000円はどうなるかというと…。

 

【−1円×10,000(ドル)=−10,000円】

 

つまり、44,000円が34,000円になってしまうという事です。

4円下落して1ドル107円になると、元手の44,000円は、たったの4,000円(4万円のマイナス)になってしまいます。

因みに、レバレッジ1倍で同じようなケースの場合はどうでしょうか。

損失は同じですが、元手110万円に対して4万円のマイナスとなります。

スポンサードリンク

この仕組みをよく分からないまま、多額のお金でFX取引をしてしまうと「えっ?こんなに損失が大きいの!?」となってしまいます。

もちろん利益となれば「ハイリターン」ですが、FXは原則「ハイリスク・ハイリターン」である事を肝に銘じて、資金配分にはくれぐれも気をつけましょう!

 

クロスエクスチェンジでFX取引ができる

クロスエクスチェンジはアゼルバイジャン共和国にて、2018年11月にオープンした暗号通貨取引所です。

取引通貨種類は現在(2019年5月6日現在)19種類あります。※BTC建て

この取引所の特徴としては、取引所独自のトークンXEX(ゼックス)を発行しています。

そして、このXEXをユーザーが保有していると、様々な特典や権利を得ることができます。
詳しくはこちらの記事:「クロスエクスチェンジとは」

 

XEXでFX取引ができる

現在(2019年5月6日)XEXは、1XEX=17円前後で推移しています。

通常、10万XEXを購入する場合、日本円で170万円が必要となります。

ですが、レバレッジ10倍だと17万円、20倍だと85,000円で10万XEXを購入する事ができます。

ただし、前述したとおり「ハイリスク」な取引なので、資金配分には十分な注意が必要です。

では仮に、100万円のお金を用意して、FXで10万XEXを購入したとしましょう。

この場合、17万円を使っているわけですので、83万円が残ります。

1XEX17円が1円下がるたびに、10万円のマイナスがでます。

 

-1円×100,000(XEX)=-10万円

 

つまり、100万円で許容できる範囲としては、-8.3円(ー83万円)までとなります。

1XEX=8.7円以下になってしまうと、お金が足らなくなってしまうという仕組みです。

現物取引とちがい、FX取引の場合は損失が一定以上まで膨らむと、お金を追加しなければなりません。

追加しないと強制決済となってしまいます。

 

FX取引は空売りができる

FXには現物取引にない空売り(ショートポジション)があります。

空売りとは、一言でいうと差損益計算が通常と逆の取引です。

つまり値段が下がればプラス、上がればマイナスになるわけです。

 

(例) 1XEX=17円のときに10万XEX空売り(ショートポジション)を保有

1XEX=16円に下がった場合(1円×10万XEX=10万円)10万円のプラス。

 

逆に1XEX=18円に上がるとー10万円となります。

通常のFX(外国為替証拠金取引)の場合、ロングポジション(買い)は、為替差損益とは別に金利が付与され、ショートポジション(売り)は金利がとられます。

XEXには金利の概念はありませんが、もしかするとショートポジションに、手数料還元に対して何らかの制限があるかもしれません。

公式の発表があるまではなんともいえませんね。

いずれにしても、ロングとショートを使い分ける事によって、暴落に対する選択肢は増え、出来高も大幅に増える事は間違いないかと思います。

 

まとめ

ビットコインや他のアルトコインもそうでしたが、FX機能が実装されると、取引量が大幅に増加します。

XEXの場合、保有していると取引所に対する手数料がユーザーに還元される仕組みですから、ユーザーにとってはFXの実装は大きなメリットになります。

短期間の投機目的の取引も増えるかと思いますが、取引量が増えればユーザーにとっても受ける恩恵が大きくなることが予想されます。

少なくとも取引所の発展、ユーザーの増加に繋がるかとは思いますね!

FXの実装を楽しみに待ちましょう!

The following two tabs change content below.
えみ@脱ぐフルエンサー
「投資」と「温泉」「性」について情報発信を行っています。現職ナースのかたわら、LINEでFXトレードの配信等も行っています。目標 : 2020年までに資産構築、アーリーリタイア、海外移住です。
えみ@脱ぐフルエンサー

最新記事 by えみ@脱ぐフルエンサー (全て見る)

スポンサードリンク

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA