KEITAYOSHIDA.com

個人の時代で価値組を目指す

のんびり行こう

石川県能登半島七尾市のお洒落な和モダンゲストハウス「宿と古道具 iyö(iyooo)いよう」がいよいよオープン!

石川県能登半島七尾市のお洒落な和モダンゲストハウス「宿と古道具 iyö(iyooo)いよう」がいよいよオープン!

来春の2022年1月8日に石川県七尾市の人気古民家カフェ「ICOU(いこう)」が運営するゲストハウス宿と古道具iyooo(いよう)」がオープンするということで紹介記事を書いていこうと思います。

古き良き時代を現代に伝えるゲストハウス

蔵の様な外観で、隣にある古民家カフェICOUと景観の相性はバッチリ。もともと蔵はあったようですが、新築で立て直して今の姿になったようです。

コンセプトは「古道具と過ごす宿」

ゲストハウスには、大工のお父さんが製作したテーブルや、修理した家具が置かれています。古き良き道具を現在に伝えるショールーム的なユニークなゲストハウスとなっています。ゆくゆくは古道具を販売するということです。

正式名称「宿と古道具 iyö(いよう)」

ゲストハウスの正式名称は、宿と古道具 iyöということです。 iyöは「いよう」と呼びます。

隣で営業しているカフェは「ICOU(いこう)」という店名なので、「いこう」と「いよう」で「韻」を踏んでます。ちょっと「かぐや様は告らせたい」の藤原書記が脳裏に浮かぶのはさておき。

「ICOU(いこう)」のロゴは鳥をモチーフにしていて、iyö(いよう)」は鳥の宿をイメージしたロゴになっています。発想がお洒落ですよね。

音を変更するという意味のウムラウト


iyö(いよう)」の「Ö」 という文字は、ドイツ語で「オー・ウムラウト」と呼びます。初めて見た文字です。

宿と古道具を検索するときに、Öってどうやって文字打つのかわからないと思うので、iyoooで検索されるようにしなければいけないなっと思いました。

とりあえずブログはコピペでÖを貼り付けてます。ひと手間かかってます。

さて「iyö」という文字の発音が「いよう」って聞こえるのかなぁという単なる好奇心でYouTubeで調べてみました。

Öはドイツ語で「オー・ウムラウト」と呼ぶそうです。なので正式には「イオー・ウムラウト」となるというツッコミはさておき。

この「ウムラウト」は「音を変更する」という意味ということです。

ゲストハウス管理責任者の白藤さんの本業は、音響(PA)なので、iyö(いよう)という名前に「Ö(オー・ウムラウト)」という文字を敢えて使用しているんだと思います。多分…。なんか昔そんな話を聞いたような聞かなかったような。

メッセージ性が強いキャッチコピー

サイトのキャッチコピーは「ここに、いよう。」

なかなかメッセージ性の強いコピーです。

若い頃は世界に憧れ、地元を飛び出し、そしていつしかあんなに嫌だった地元の良さに気づくときがあります。

なにか故郷にできることはないのか。

そんな時に故郷の町並みを、後世に引き継ぐために「出来ることをやろう」という気概なんじゃないかなって、

スポンサードリンク

僕がすっごーーーーーーく勝手に推測しています。

キャッチコピーに込められた白藤さんの想いも今後聞いてみたいですね。

金沢美大生がプロデュース

実は、ウェブや宿のプロデュースは金沢美術工芸大学の学院生がしています。美大生ほんとうに優秀です。仕事も早い。どういう経緯でゲストハウス事業に携わっているのか今後聞いてみたいですね。

金沢美術工芸大学院生の2人、ブルノ君とこころちゃんがデザインしたテーブルの円卓。

宿に設置してあるタオル掛けやハンガーなどの設備は、宿を傷つけないようにネジや釘等を使用せず設置してあり、いつでも取り外しできるように配慮されています。

建物の見どころ4選

建物の見どころを大工のお父さんから4点お聞きしました。

①天井は高さを出すためにスケルトン天井

昔の田舎の家のようなダイナミックで開放感抜群の天井になっています。屋根裏部屋の寝室はログハウスや北欧の家を彷彿させます。和と洋、新と古が織りなす不思議な空間です。

開放感のある空間は仕事が捗るっていうけど、広い空間で仕事した方が気分がいいのは確かだ。仕事のミーティングで使えそうな部屋です。

②壁は漆喰をメインに使用

漆喰は天然素材の断熱材で今や高級な建築材です。全てではないですが、漆喰をメインに使用しています。

③渡り廊下には古い日本の蔵の引き戸を利用

桧でできているので五十キロくらいあるということです。

高級そうな引き戸が使用されていました。

なにが使われているのか探索するのがワクワクするゲストハウスです。

④看板と建物の周りに置いてある石

この土地に古くからあった石で、おそらくこの場所に立ってた蔵の基礎に使われていたものということです。

新築なのに昔の技術や建具を使用している和モダンのゲストハウスは、泊まるだけではなく昔の文化や先人の想いに触れるよい機会になると思います。

ゲストハウスには、様々な工夫がされているようなので、毎回新たな発見があって行くのが楽しみなゲストハウスです。お友達と能登へ旅行する際はぜひ利用して欲しいゲストハウスです。

和モダンゲストハウス「宿と古道具 iyooo」公式サイト

宿と古道具 iyö
https://iyooo.jp/

スポンサードリンク
URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


COMMENT ON FACEBOOK

CREATOR

WebCreator
自然で遊ぶことが大好きなサーファーです。 ウェブメディア事業を行なっています。個人の時代で頑張るあなたをインターネットの力で応援します。夢は自然栽培による無農薬野菜を全世界に普及させていくこと。
Return Top