KellySlater(ケリースレーター)バックサイドシークエンス

スポンサードリンク

波がワンサイズ大きくなったり、波質が変わるとテイクオフすらままならなくなってしまいます。今日もテイクオフでどれだけ転げ落ちたことか。テイクオフが上手くいかないと全てが上手くいきません。

こんにちは(@keitayoshida)です。

というわけで、今回は、ケリースレーターのテイクオフからフィニッシュまでのシークエンスを掲載します。シークエンス動画をみてトッププロの動きを研究することが一番の練習になります。

まぁ、本当にこんなことをして上手くなるのかよと思うかもしれないですが、僕はここ1ヶ月この練習をして、若かりし頃よりも上手くなってるのが実感できています。僕のライディングの写真を掲載します。

ちょっと前までは、こんなオフザリップもできなかったんですが、僕がこのブログで紹介している動画を見ることによって、ほんの短い期間でここまで出来るようになりました。

後ろ足加重のボトムターンをすることによって、波のトップにサーフボードを誘導することができるようになってきました。これもサーフィン動画を見て、イメトレをして練習してきた成果なので、サーフィンが上達しないなぁと感じている方はぜひ、僕のブログで紹介している動画を見て欲しいと思います。

今回のシークエンスの動画は、千葉の勝浦でケリー・スレーターがサーフィンしている動画です。またしてもバックサイドです。今は僕の中でバックサイド強化月間なのであります。

スポンサードリンク

テイクオフからフィニッシュまでのシークエンス

ケリーのテイクオフからのシークエンスです。とにかく僕は、テイクオフが失敗して、波のトップから転げ落ちる確率が高いのでテイクオフを特に勉強していきたいと思います。

サーフボードのノーズを上げてテイクオフしています。理由はわからないですが、テイクオフ時の波にバックウォッシュが入っているようなので、波の上っ面で少し巻き上げが強くてバランスをとったのかなぁ。まぁ僕には理由はわかりません。

水平にテイクオフしています。頭よりお尻がちゃんと下がっていて美しいテイクオフですね。

後足の曲がり方が半端なく曲がってますね。僕の場合バックサイドのこの角度の映像が凄い猫背になってカッコ悪いので、この後ろ足の膝の曲げ方を練習して姿勢をよくしていきたいと思います。

前足に体重をかけると猫背になりますが、後ろ足加重なら姿勢がよくなります。昔の人ほど、前足加重がスピードアップと教えられてきましたが、サーフィンは基本的に後ろ足加重でスピードをアップさせたり、ターンをします。
ボトムターン に入る前に一旦、膝を伸ばしてます。
膝を伸ばして反動をつけてから、後足先行で膝を深く曲げています。後ろ足が前足よりもかなり曲がっていることに注目してください。
バックサイド ボトムターンは、この姿勢になるように陸上でイメージトレーニングすると、その後のオフザリップが成功しやすくなります。
膝を深く曲げ切ってから、姿勢を傾けています。遠心力を使った美しいターンです。

シークエンスは以上になります。

【PR】サーフィン上達プログラム【ASPアジアチャンピオン・現役プロサーファー小川直久 監修】
スポンサードリンク

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA